fc2ブログ

尾崎行雄と憲政記念館

以下は、尾崎の選挙区・伊勢を中心に咢堂精神の普及に努める「NPO法人咢堂香風」の機関紙『咢堂香風』(2021年6月30日発行)に掲載された文章に加筆したものです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「尾崎行雄と憲政記念館」

 国会議事堂の向かい側にある憲政記念館は、もともとは憲政の父・尾崎行雄を記念する「尾崎記念会館」として建てられたものである。今から約60年前、同館の建設に向け、尾崎行雄記念財団が全国に寄付を呼びかけた。超党派の国会議員・地方議会議員、経済界、労働界、教育界、全国の小中学生、海外日系人など幅広い層から浄財が寄せられ、さらに天皇陛下の御賜下金を得て1960年に完成。同時に衆議院に寄贈された。
 正門を入ると、議事堂に向かって立つ尾崎行雄の銅像が出迎えてくれる。その凛とした姿は当時も今も変わらない。ただ、国会を見つめるその眼差しは、ますます厳しさを増しているようにも思える。
 

■憲政の父・尾崎行雄

 尾崎行雄は、1890年の第1回総選挙から第25回まで連続当選し、60年以上にわたり衆議院議員を務めた。その当選回数と議員在職年数は、日本の議会史上、未だ誰にも破られていない偉大な記録である。だが、憲政記念館にある尾崎の銅像も展示物も、単に尾崎の記録を褒め称えるためのものではない。尾崎行雄の思想と行動を冷静に見つめ直し、その中から現代に生かすべきものを見つけ出すことが重要だ。
 尾崎は、立憲政治の確立を唱え続けた政治家である。特権的勢力が思うがままに振る舞う「人の支配、力の支配」ではなく、憲法に基づく「法の支配、道理の支配」を主張した。立憲政治の最大の目的は、この「法の支配」を通じて、国民の生命・財産・自由その他の権利を保障することにある。それを実現する最善の方法は、尾崎曰く「人民から代表を出して、その代表がつくった法律による以外は税金を課したり使ったりできず、また牢に入れることもできないようにすること」である。その代表は有権者の投票によって選ばれるため、立憲政治は「有権者中心の政治」であると尾崎は言う。
 立憲政治の確立に向けて政党・政治家のあるべき姿を説いた尾崎は、同時に、政治家を選ぶ「有権者のあるべき姿」を説き続けた。


■尾崎行雄の政党観

 尾崎は、立憲政治を「立法部の多数を基礎とする政党内閣」が行う政治であるとし、政党の役割を重視した。藩閥・軍閥勢力を排するには近代的な政党組織が必要であると考え、政党のあるべき姿、公党の精神を説くとともに、自らがそれを実践していった。
 尾崎は目まぐるしく所属政党を変えている。そして最も長く過ごした期間は「無所属」だった。政党を転々とし、また設立・解散、脱党・復党を繰り返す尾崎は変節漢と非難された。だがこれは、自身の利害得失や感情・しがらみに基づいた行動ではなく、公党としてのあり方、国家国民本位の政策実現を求めた結果である。
 尾崎は、亡くなる4年前(1950年)、次のような短歌を詠んでいる。

 「国よりも党を重んじ
   党よりも身を重んずる人の群れかな」

 70年前の歌が現在の日本に当てはまるとすれば、国民にとっては悲劇以外のなにものでもない。選挙が近づくたびに、他の政党に移ったり、新たなグループを立ち上げたりする議員が必ず出てくる。また政党の離合集散も繰り返される。そうした行動は必ずしも悪いこととは言えない。問題は、彼らが一体何を目指し、どういう動機で動いているか、ということだ。
 国家国民のための政策実現を求めての行動か、それとも、ただただ自身の当選、自己保身を求めての行動か。与野党問わず、国家・社会のあり方と政策を提示し、論争・競争するのが政党(公党)の役割だ。「公」ではなく「私」のために、政策実現よりも自己保身のためになされる数合わせや離合集散は、国民の政党不信、政治家不信を助長させるだけである。
 尾崎が目指した公党のあり方―「金や数の力、親分子分のしがらみ、個人の利害」ではなく「道理と政策」で競い合える政党を育むことを今一度、政治家も有権者も考える必要があるだろう。


■憲政記念館リニューアル

 冒頭に述べた憲政記念館は、来館者一人一人が、我が国の議会政治の歴史とともに、尾崎の信念や生き方を振り返り、有権者として(あるいは政治家として)自らの行動に役立てていく場でもある。この憲政記念館は、来年(2022年)からリニューアル工事に入り、2026年度中に完成する予定である。現在の敷地に国立公文書館と合築となるが、現記念館のデザイン・特徴を継承し、尾崎の銅像も現在の形のまま館内に設置される予定である。ちなみに、来年4月からは、国会参観バス駐車場横(現記念館の向かい側)に「憲政記念館・代替施設」が開館する。そちらにもぜひご来館頂きたいが、何よりも、「尾崎記念会館の面影」を残す現記念館に、今年中にお越し頂き、60年の歴史に思いを馳せて頂ければ幸いである。(現在、同館では「憲政記念館ふりかえり展」を開催中)

(2021年5月末記)


スポンサーサイト



61年目を迎えた「霞ガーデン」、グランドフィナーレ!

国会議事堂の正面向かい側にある憲政記念館。
その前身は、1960年に建てられた尾崎記念会館です。

「憲政の神」「議会政治の父」と呼ばれた尾崎行雄は1954年に逝去。2年後に尾崎行雄記念財団が発足。全国に寄付を呼びかけ、4年後の1960年に尾崎記念会館が完成しました。

そのスタートと同時に館内レストランとして営業を開始し、今年で61年目を迎えた「霞ガーデン」。本日3月5日が最後の営業となりました。

ここは、私にとって特別な思い出の場所です。

ちょうど25年前、財団事務所を初めて訪れた時、尾崎行雄三女の相馬雪香さんに誘われてお茶を飲みに行きました。私はホットコーヒーをブラックで、相馬さんは紅茶にたっぷりミルクを入れて・・・。

その日から、相馬さんが亡くなるまでの12年間、月2~3回は、霞ガーデンで一緒にランチをしました。私はほとんど日替わりランチ、相馬さんは大体オムライスのハヤシソースかけでした。このオムライス。ふわふわトロトロの卵の横に、香りのいいハヤシソースがたっぷり。いつの間にか、霞ガーデンの看板メニューになり、今日も多くのお客さんがオムライスを堪能していました。

ランチの時も、相馬節は健在です。民主主義とは何か。日本の何が問題なのか。ずーーーーっとそんな話ばかり。そして最後は、「石田さん、彼女いるの?」と聞かれ、「いません」と答えると、「なんで?」と聞かれ、「じゃあ紹介して下さい」と言うと、「私の周りは婆さんばっかりだよ、あははは」、私も「あははは」。毎回これがランチ終了の合図です。

さて、もう一つの思い出。
相馬さんと縁のある国会議員の事務所で、秘書をしていた女性と初めてランチしたのが、この霞ガーデンでした。彼女はカレーライス。私は相変わらず日替わりランチ。

今日が営業最後ということで、昨晩、妻に「初めて行ったとき何食べたか覚えてる?」と聞くと、「え?あ、う~ん、なんか食べたっけ?」。。。

ちょうど今くらいの時期、霞ガーデンの外に咲く桜の下でプロポーズしたのを思い出し、もちろん相馬さんとの思い出にも浸りながら、今日、霞ガーデン最後の昼食をとりました。今日いただいたランチメニューは、やっぱり相馬さんの思い入れのあるオムライス、、、、ではなく、妻が最初に食べたカレーライス、、、、でもなく、厚切りチャーシューの醤油ラーメン!美味しかったです!

霞ガーデン、長い間、本当にありがとうございました!

2020年・尾崎財団 《御礼と活動報告》

日頃より多大なるご支援・ご協力を賜り、誠に有り難うございます。

今年は、新型コロナウイルスの影響により、当財団を取り巻く環境も大きく変化しました。特に4月以降は、事務局運営と事業活動の自粛により、当初予定していた講演会・イベント等が規模縮小や中止を余儀なくされました。そして今なお新型コロナ収束の見通しが立たない中、当面こうした状況を続けざるを得ず、引き続き会員・支援者の皆様にご心配とご不便をお掛け致しますことを深くお詫び致します。
活動の自粛・縮小が続く中、会員・支援者の皆様からこれまで以上に温かいご支援を頂き、2020年は以下の活動を行うことができました。役員・スタッフ一同、心より厚く御礼申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【咢堂塾】 
リーダー養成を目的に、尾崎行雄三女の相馬雪香と共に立ち上げた「咢堂塾」は、今年で22年目を迎えました。これまでに延べ615名が卒塾。国会・地方議会議員をはじめ、社会貢献・地域リーダーとして幅広く活躍しています。
今期は全国から30名(オンライン受講生含む)が入塾し、6月から12月までの期間、全14回の講義を終えました(2021年1月に卒塾式・演説会を開催予定)。
講師には、神保哲生氏、小川和久氏、北川正恭氏、池田信夫氏、高橋茂氏、飯田哲也氏、仲本光一氏、樋口恵子氏など各界を代表する専門家の方々をお招きしました。
塾生の皆さんは大変熱心で、講義を真剣に聴き、講義後のディスカッションも大いに盛り上がりました。
今年の咢堂塾は、コロナ感染防止の観点から、講師と塾生・塾生同士の距離確保、マスク着用と消毒・換気の実施、ライブ配信の試験的実施など、これまでにない形式での開催でしたが、皆様のご協力により、全講義を無事終えることができました。(※激甚災害に指定された被災地の塾生には、今年も協賛企業のご支援により無料で講義を公開しました。)
そして、2014年から実施し、今年で7回目を迎えた「咢堂ブックオブザイヤー2020」を、12月25日に発表しました。選考は、咢堂塾運営委員・研究員・役員が中心となって行っています。

【共催講演会/後援事業】 
隔月で開催している講演会(グローバルイッシューズ総合研究所と共催)では、7月に大庭誠司氏(元内閣官房内閣審議官・元消防庁次長)を迎え、新型コロナに対する国家の危機管理をテーマに、9月には吉崎達彦氏(双日総合研究所チーフエコノミスト)を迎え、米大統領選をテーマに、そして11月には、ロバート・エルドリッヂ氏やケント・ギルバート氏等を迎え、米大統領選とアメリカの今後をテーマにそれぞれ開催しました。
また、11月には「尾崎行雄を全国に発信する会」主催、当財団後援の「第18回尾崎咢堂杯・演説大会」が神奈川県で開催され、当財団理事の石田が審査員およびパネル討論会コーディネーター(パネリスト:石破茂氏、後藤祐一氏、丸山和也氏)を務めました。

【機関誌『世界と議会』の発行】
毎年「春号(4月)」「夏号(8月)」「秋冬号(12月)」を発行しておりますが、今年は活動自粛により春号を発行できず、「春夏号」という形で8月に発行しました。尾崎行雄、日本政治、国際問題等を取り上げた本誌は、国会図書館をはじめ公立図書館・公共施設および国会・地方議員等にも幅広く配布しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当財団では、まさにこのような時代だからこそ、改めて尾崎行雄の信念や生き方を多くの方に伝えたいと考えております。
新型コロナの影響により活動面・財政面いずれも厳しい状況ですが、「このピンチをチャンスに」という思いで、新たな取り組みを模索するとともに、今できることに集中し、より一層、事業の質を高めるべく全力で取り組んで参ります。
引き続き、ご支援・ご協力のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

2020年12月30日

尾崎行雄記念財団
理事・事務局長
石田尊昭

2019年 御礼とご報告

今年も、会員の皆様をはじめ多くの方々にお支え頂き、以下の公益活動(有権者啓発、人材育成、被災地支援)を行うことができました。当財団役員・スタッフ一同、ここに厚く御礼申し上げます。

【咢堂塾】
リーダー養成を目的とする「咢堂塾」も今年で21年目。これまでに累計590名が卒塾。国会・地方議会議員をはじめ、社会貢献に取り組む多くのリーダーを輩出しています。毎回、講師陣には各界のエキスパート、リーダーを招聘。この第21期は全国から23名(オンライン受講生含む)が集い、憲政記念館で毎月2回学んでいます。なお、被災地の受講生は、協賛企業・団体のご支援により受講料を無料としています。

【講演会】 
隔月で開催している講演会(グローバルイッシューズ総合研究所と共催)では、7月に選挙プランナーの三浦博史氏「参院選挙について」、9月に日本大学教授の安部川元伸氏「国際テロの現状について」を開催。また、尾崎行雄と政治・選挙をテーマに当財団理事の石田による出張講演を都内及び神奈川・三重・埼玉で計5回開催しました。

【咢堂塾20周年特別講演会】
3月に特別講演会を開催。講師は、衆議院議員の石破茂氏。テーマは「日本の進むべき道」。当日は定員を大幅に上回る参加者で大変盛況でした。講演内容は『世界と議会』夏号に収録しています。

【記念講演・懇親の集い】
8月に高村正彦・当財団理事長による理事長就任1周年記念講演「平成から令和へ―日本政治の未来」を開催。また10月に衆議院議長の大島理森・当財団会長による咢堂没後65年記念講演「議会政治の未来」を開催。両講演会には合わせて250名の方々にご参加頂き大変盛況でした。また、それぞれの講演会後に行われた懇親会も大いに盛り上がり、参加者同士が互いに交流を深めることができました。

【季刊『世界と議会』の発行】 
春号・夏号・秋冬号を計3500冊発行し、国会・地方議会議員、自治体、公立図書館、その他公共施設へ配布。尾崎行雄と日本政治、国会改革・外交問題などに関する論文や講演録は、議員や研究者をはじめ多くの皆様にお読み頂いています。

【被災地支援】 
記念事業ならびに各種活動の収益の一部を関連NPOを通じて被災地支援(物資・文具の寄贈/植樹活動等)に役立たせて頂きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆来年(2020年)は、議会開設130年の節目の年です。議会政治の父と言われた尾崎行雄の信念や生き方を広く伝え、これからの議会政治に役立つイベントを開催したいと思います。
 
◆また来年は、憲政記念館のリニューアル建替工事(2021年初旬着工予定)に向け、当財団の仮事務所設置の準備も進める予定です。詳細は改めてご案内致しますが、その際は、ぜひとも皆様のご支援ご協力をお願致したく、何卒宜しくお願い申し上げます。

憲政の父・尾崎行雄が説いた投票心得

尾崎行雄は、1890年の第1回総選挙から第25回まで連続当選し、衆議院議員を60年以上にわたり務めました。この当選回数と在職期間は、日本の議会史上、まだ誰にも破られていない偉大な記録です。

しかし、それは「尾崎が打ち立てた」というより、「有権者が打ち立てた」記録です。

国の存続・繁栄と国民の幸福のために立憲政治を命懸けで実現させようとした政治家・尾崎の生き方は、未来に大いに語り継ぐべきものだと思います。と同時に、地元に直接的な利益をもたらさなかった尾崎を、「国のために」という思いで国会に送り続けた当時の有権者の姿も忘れてはいけません。

尾崎行雄は、時の政府・権力と厳しく対峙しますが、同時に有権者に向けても厳しい要求を突きつけます。真の立憲政治・民主政治の実現のためには、有権者こそがしっかりしなければならないからです。

前回の参議院議員通常選挙が行われた2016年、私は『18歳からの投票心得10カ条』という本を書きました。この本は、政治や選挙と初めて向き合う若い人たちだけでなく、これまでの政治や選挙に慣れてしまった大人の皆さんにも、改めて民主主義の本質を見つめ直してほしいという思いで書いたものです。「投票率を高める」ことよりも「投票(一票)の質を高める」ことを目的に書きました。

この本には、尾崎行雄が説き続けた政党・議会・選挙のあり方、そして、尾崎が掲げた「有権者の投票心得(10項目)」を載せています。その中から、以下二つ、ご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(第1条)
 何よりもまず、自分はいかなる政治を希望するかという自分の意思を、はっきり決めてかかることが大切だ。選挙は、国民の意思を国政に反映させるために行われる。つまり、反映する本体がしっかりしていなければならない。有権者自身に政治的意思――どのような政治、どのような国・社会を実現したいと考えるのか――がなければ、いくら投票しても意味がない。

(第7条)
 演説会場その他あらゆる機会をとらえて、有権者は各政党または候補者に向かって、具体的な政策を明示するように要求しなければならない。そして政党本部で発表した政策と候補者の言質(げんち)を箇条書きにして、台所の壁にでも貼っておき、実行された公約の上には○をつけ、実行されなかった公約の上には×をつけるようにすること。公約を裏切った政党や議員に対しては、次の選挙の時に絶対に投票しないことを覚悟すれば、政党も議員も、完全に有権者によってリードされるようになる。

   『18歳からの投票心得10カ条』より
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この二つは、いずれも「当たり前」のことで、「心得」などと大袈裟に言うほどのものではない、と思われるかもしれません。しかし、この二つを私たちは確実に実行できているでしょうか。ついつい面倒臭くなって「思考停止」になることはないでしょうか。

選挙になると、政党も候補者も様々な政策を掲げます。
聞き心地は良いが実現性に乏しいもの、分かりやすいが具体性に欠けるもの、今の自分にとっては「お得」でも社会全体で長期的に見た場合は負担が大きすぎるものなどなど。

政策に対する有権者の厳しい目、厳しい問いかけが政治家を鍛えます。




プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード