相馬雪香さんとFAWA(アジア太平洋女性連盟)

アジア太平洋女性連盟(Federation of Asia-Pacific Women's Associations)――略して「FAWA」と言います。

尾崎行雄の三女・相馬雪香さんは、1950年、スイスで開催された国際会議に出席。そこで、フィリピンの上院議員ペクソン女史と出会います。かつて日本がフィリピンを占領していた頃、まだ若い娘さんだった女史は、日本を憎み、戦後も日本人を大変嫌っていたそうです。しかし、その国際会議で出会った相馬さんの言動に触れ、「日本の女性は変わった! 日本は変わる!」と感動されたそうです。

そして、1959年、相馬さんと女史が中心となって設立したのが「アジア婦人団体連盟」、現在の「アジア太平洋女性連盟」=FAWAです。アジアの女性の連帯を通じ、アジアひいては世界の平和の実現、女性の福祉向上を目的としています。

設立後は、各国・地域で、FAWA国際会議を2年ごとに持ち回りで開催しています。相馬さんは、韓国、台湾、グアム、インドネシア、シンガポール、フィリピンなどで開催された同会議に団長として出席し、そこでの研究成果を取りまとめるなどしました。

FAWA国際会議は、日本では、1970年(神奈川)、92年(大阪)、2007年(東京)と開催されています。特に2007年(相馬さんが亡くなる前年)、東京で開催された会議では、アジアにとどまらず世界73カ国の代表と、広く一般市民も参加しました。相馬さんは、そこで大変力強いスピーチを行ない、参加者に大きな感動を与えました。

この時、会議に全面協力し、成功に導いたのが「NPO法人一冊の会」(大槻明子会長)です。相馬さんは当時、同団体の最高顧問を務めていました。以後、台湾(2010年)、グアム(2012年)、韓国(2014年)で開催された会議では、相馬さんの遺志を継ぎ、「一冊の会」が日本代表団を務めました。そして、今年9月末から10月にかけてシンガポールで開催されるFAWA国際会議にも、「一冊の会」が日本代表として参加します。

「憲政の父」と呼ばれた政治家・尾崎行雄。その精神を継ぎ、平和のために行動した相馬雪香。さらにその精神を継いだ様々な団体――「NPO法人咢堂香風」、「尾崎財団・咢堂塾」、「尾崎を全国に発信する会」、「NPO法人難民を助ける会」、「国際IC日本協会」等々が、それぞれの形で平和に貢献しています。

「平和、平和って言うけど、誰でも、最初から大きなことはできないの。できないことをウダウダ言ったってしょうがない。とにかく、できることから始める。自分から動く。そう、だから……身近なことでいいんですよ。少しずつでいいんです。あなたにできる平和から始めなさい!」(『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』より)

相馬さんの遺志を継いだ多くの仲間たちが、相馬さんの言葉を胸に、「できることから始めています。」


↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

尾崎が詠んだ「憂国の歌」

尾崎行雄が詠んだ歌は一万首にのぼると言われています。
妻や娘への愛情、季節の移り変わりや自然の美しさ、亡き友への追慕など、様々な歌を詠んでいます。

中でも、日本の政治・国のあり方に対する思いを詠んだ歌は、数も多く、「尾崎らしさ」がよく表れています。

権力に阿ることなく、弾圧にも屈せず、自らの信念を貫いた尾崎。
ゆえに、しばしば暴漢に襲われ、命を狙われた尾崎。
そんな尾崎ならではの「憂国の歌」。

以下三首は、1924年(大正13年)12月19日夜、尾崎を刺すため、尾崎宅に侵入しようとした青年が捕まった際に詠んだ歌です。

■「老い朽ちて世に惜しからぬ身とならば我を刺すべき人もあらじな」
■「國のため我を刺さんと人ねらふ活き甲斐のある生命なるべし」
■「國のため命惜しまぬ誠あらば我を刺すてふ人も貴し」

また、同月25日、今度は暴徒13名が尾崎宅に乱入した際に詠んだ歌です。

■「大御代につくす誠はひとしきを知らでや人の我に仇する」

次の六首は、1937年(昭和12年)第70議会で行った、いわゆる「軍部攻撃演説」の際に懐に忍ばせた辞世の句です。

■「正成が陣にのぞめる心もて我は立つなり演壇の上」
■「大君も聞こしめせかし命にも代えて今日なす我言あげを」
■「身をすてて國救はんと思ふにぞ老も忘れて演壇に立つ」
■「長らへし甲斐ぞありける大君の御楯となりて命すてんは」
■「國のため命すてんと定めしは幾度なりし一人指折る」
■「一つよりあらぬ命を幾たびか棄てて尚活く恵まれし身か」

ちなみに後日、次のような歌も詠んでいます。

■「都度々々に辞世よみしが尚死なず恵まれし身か呪われし身か」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
誰が正しいかではなく、何が正しいか――。
自らの利害得失を顧みず、国のため、国民のために、文字通り命を賭して行動した政治家・尾崎行雄。
その信念と生き方は、いまを生きる私たち有権者・政治家に多くの示唆を与えてくれます。


↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

会員・支援者が紡いだ60年の歴史

尾崎財団は、今年60周年を迎えました。

この60年は、尾崎行雄の理念を基に民主政治の発展と世界平和に尽くそうという強い信念・志を持った人たちが紡いだ歴史です。

それは、設立者や運営者のことではありません。この財団の活動に心から賛同し、惜しみない協力を頂いた会員や支援者のことです。

尾崎財団はもともと、現在の憲政記念館の前身「尾崎記念会館」建設の寄付を集めるために、数名の国会議員と民間有志だけで立ち上げた組織です。尾崎行雄が「資産」を残したわけでもなく、設立時から財源基盤がほとんどない、「財団」とは名ばかりの組織でした。

そんな「脆弱な」組織が、時の衆議院議長を会長に戴きながら、超党派の独立した公益団体として、国からも自治体からも一切の補助を受けることなく今日まで歩んでこれたのは、ひとえに会員・支援者の「力」によるものです。

活動の財源は、年会費・個別寄付・催事参加費のみで、今も昔も財源基盤は脆弱です。しかし、活動内容は年々広がりを見せ、人材育成(咢堂塾)や出版活動(尾崎・政治関連書籍)はここ数年、これまでにないくらい活発になっています。そして2011年以降は、NPOと連携しながら被災地支援にも取り組んでいます。

会員による支援・協力はもとより、特に近年は、尾崎行雄の選挙区・伊勢を中心に活動する「NPO法人咢堂香風(がくどうこうふう)」(土井孝子理事長)や、途上国・被災地の教育物資支援に取り組む「NPO法人一冊の会」、尾崎の生誕地・相模原で活動する「尾崎行雄を全国に発信する会」、また国際通信社「NPO法人INPS Japan」などの関連団体と連携を深めることで、活動の幅が広がっています。

これまでの60年を支えて頂いた皆様、そしてこれからの活動を共に歩んで頂ける皆様へ感謝を込めて、今年10月28日、「尾崎財団設立60周年・感謝の集い―さらなる飛躍に向けて」を開催します。詳細は決まり次第ご案内します。

以下は、尾崎行雄三女・相馬雪香さんの言葉です。

「私はちっとも偉くなんかないですよ。本当に偉いのは、同じ志を持って集まってくれて、活動の輪を広げていってくれている人たちです。私はただ言い出すだけなんだから。周りが偉いんです。」(『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』より)

尾崎行雄の25回連続当選、衆議院議員勤続60有余年という記録は、尾崎行雄の偉大さではなく、伊勢の有権者の偉大さを意味するものです。
同じく、尾崎財団設立60周年も、設立・運営者によるものではなく、会員・支援者の成果であり、信念・情熱・行動力によるものなのです。


↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

学校での主権者教育について

『18歳からの投票心得10カ条』の出版元(世論時報社)発行の月刊誌『世論時報(せろんじほう)』に、主権者教育に関する私のインタビューが掲載されています。以下は、その一部抜粋です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『世論時報』平成28年6月号 特集「18歳からの選挙が始まる」
石田尊昭インタビュー(聞き手/本誌・河田英治)

■授業は「きっかけづくり」

――昨年、選挙権年齢が「満18歳以上」に引き下げられ、改めて、学校における「主権者教育」のあり方が問われていますが、このことについてどのように思いますか。

(石田)学校の授業として行う主権者教育では、生徒たちに、「民主主義とは何か」という本質的な問いかけも含め、実際の社会的課題や政策について「考え、悩む時間」を与えることが重要だと考えます。
 主権者教育の目的は、政治・政策の問題を自分の頭でしっかりと考え、意見を出し合い、異なる意見や少数意見にも耳を傾けるという民主的態度を生徒に身に付けてもらうことです。
 主権者教育は、授業の中だけで完結できるものではありません。むしろ授業以外のところで、政治・政策について生徒たちが日常的に考え、議論することが求められます。授業は、それを促すための「きっかけづくり」と考えるべきでしょう。
 …言うまでもありませんが、授業の目的は、生徒に政治用語を暗記させたり、政治・政策上の何らかの「答え」を出させることではありません。生徒自身が、政治・政策の問題を身近に感じ、日常的に考え、悩み、調べ、意見を出し合えるようになること。そのきっかけとなるような学びや体験(議論の経験)を授業で提供することが必要です。

■授業における政治的中立性とは

――以前から指摘されていたことは、「政治的中立性」を、教員がどのように受け止め、教えられるかということでした。

(石田)政治的に中立な授業というのは、「政治・政策に対する意見表明(価値判断)を扱わない授業」ということではありません。その逆です。ある社会的課題や政策について、生徒たちに積極的に意見を出し合ってもらうことが必要です。
 原発・エネルギー、消費税、社会保障、安全保障など、いずれも政治的に対立している現実の政策テーマです。例えば、「サマータイム制導入の是非」とか「地域活性化に向けて」とか、また「日本のエネルギーの未来を考えよう」といったように、あえて政策的争点を伏せた形で議論を深めることも悪くはありません。しかし、実際の選挙においては、政策的争点を考えないわけにはいきません。授業では、政策の見方や、何が争点なのかを考える訓練も必要です。
 中立性を保つということは、政治的対立、政策的争点を見せないことではありません。政治・政策には多様な意見があるということを共有しながら、それぞれの意見を公平に扱う(特定の意見に肩入れしない)ということです。
 そこでは、ある政策について「メリット・デメリットは何か。誰に、どういう割合で受益と負担が生じるのか」といった「政策の見方」を示すことが必要です。そのうえで、その政策のどこが対立しているのか、賛成・反対それぞれの意見・理由を生徒たちに示し、じっくりと考え、意見を出し合ってもらい、さらに調べてもらう(調べたいと思ってもらう)ことが重要です。

■メディア・リテラシーを育むこと

――政治・政策について、授業の中で議論する場合も、また、授業以外で生徒たちが自発的に考え、調べる場合も、どういう情報をもとに行うべきかという問題については、どのようにすればよいですか。

(石田)政治・政策に関する情報は、通常、私たちはメディア(情報媒体)から手に入れます。…膨大な情報の中には、正確なものもあれば不正確なものもあります。また、事実もあれば、そうでないものもあります。さらに、情報の受け手の印象を操作して、ある一定の方向に意見(価値判断)を誘導しようとするものもあります。
 各種メディアの特性や長所・短所を知ったうえで、情報を適切に識別し、評価・判断する能力を「メディア・リテラシー」と言います。
私は、主権者教育で最も重要なことの一つに、まさにこの「メディア・リテラシー教育」があると考えています。
 授業で政治・政策を取り扱う際も、多様なメディアから、多様な意見を取り上げることが求められます。そして、授業以外のところでも、生徒たちが情報を適切に評価・判断できるように「メディアの活用の仕方」を示すことも重要です。
 主権者教育では、生徒が自ら多様なメディアに触れ、情報を比較しながら、さまざまな角度から考えることを促すことが重要だと考えます。

■「一票」の意味―民主主義の本質を問う

――生徒が校外で政治活動に参加する場合、事前の届け出を義務化しようとする高校もあります。校内・校外にかかわらず、生徒が政治活動や選挙運動について、学校はどこまで関与すべきか、ということについてどのように考えますか。

(石田)…届け出制については、「生徒の安全確保」が目的とされており、生徒の政治的信条に踏み入らないように配慮することが求められています。しかし、届け出をする生徒の側にしてみれば、思想や行動がチェックされて進学や就職に影響が出るのではないかといった不安が生じ、それによって政治活動が萎縮することも十分考えられるでしょう。
 届け出制の是非を問うことや、校内での政治活動等の範囲を検討していくことも重要ですが、そもそも生徒が危険に晒されたり、違法行為に巻き込まれたり(あるいは違法行為をしたり)、学校教育に支障を生じさせるような政治活動等をさせないために、主権者教育があるわけです。
 私は冒頭で、授業における主権者教育では「民主主義とは何か」という本質を問うことも重要だと述べました。それは、「一票」が持つ意味や大切さについて考えることでもあります。自分の一票を大切にする人は、他者の一票も大切にします。「一票では何も変えることができない」と考える若者も少なくありません。一票で変わるか変わらないかより、その一票が自分自身の政治的意思の表れであり、一票を大事に扱うことは、生徒が自分という存在を尊び、大事にすることであるという自覚を持てるようにすることが、主権者教育に求められることではないかと思います。(了)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
下記サイトで、全文(PDF)がお読み頂けます。

『18歳からの投票心得10カ条』特設サイト


↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

東京市長としての尾崎行雄

昨日(7月14日)、東京都知事選が告示され、各候補者が街頭で第一声を上げました。

都知事といえば、今から100年以上前、第二代東京市長(当時は「都」ではなく「市」)を務めた尾崎行雄が思い起こされます。

尾崎行雄は1903年から1912年まで東京市長を務めました。当時は、国会議員との兼職が可能で、尾崎は衆議院に議席を持ったまま市政運営に取り組みました。

この間の尾崎は、国会議員ではあったものの、ほとんど国政の場では活躍せず、新聞に「尾崎は死んだのか?」と皮肉を書かれることもありました。

尾崎は、東京市長としての丸9年間、国政における政党のしがらみや対立を市政に持ち込むことはせず、国政上の課題とは距離を置き、徹底して東京市の課題(東京市民の生活)と向き合いました。

外債を募集して市区改正を完成させるとともに、上下水道整備、道路改良・街路樹植栽など、市民の生活に直結するインフラ整備を次々と進めました。特に、数十年先を見据え、東京市の水源林を確保したことは、その後の市の発展と市民の生活向上に大いに役立ちました。

また、国政とは距離を置きながらも、東京市からアメリカに桜を寄贈し、日米両国の友好親善を促すなど、世界を見てきた尾崎ならではの国際感覚を生かした「自治体外交」も行いました。

そして何より、当時、「利権の巣窟」「伏魔殿」と呼ばれていた東京市政の金権腐敗・汚職を厳しく追及し、一掃したのです。尾崎の在任中は、汚職事件が一件も起きませんでした。

国政・政党のしがらみから距離を置き、市民の生活と真摯に向き合いながら、国際感覚を持って10年先・20年先を見据えた政策・改革を実行する、そして、利権を排し、不正を正す――東京市長時代の尾崎行雄の取り組みは、今の都知事のみならず、日本の首長全体に求められる要素ではないでしょうか。

東京都知事選の投開票日は、7月31日です。


↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村
プロフィール

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード