「できることから始める」相馬雪香さんの信念と生き方

尾崎行雄の三女・相馬雪香(そうま・ゆきか)さんと出会ったのは、1996年。

日本のNGOの先駆けとなった「難民を助ける会」の創設者であり会長、そして尾崎行雄記念財団では副会長(会長は時の衆議院議長)として指揮を執り、メンバーの精神的支柱でもあった相馬さんは、私にとって「雲の上の人」でした。

当時、相馬さんは84歳、私は24歳。
政界の御意見番のごとくテレビや新聞に登場し、時には国会議員を直接呼んで「叱咤激励」していた相馬さん。かたや、学業を終えたばかりで社会経験もろくに無く、口を開けば青臭いことばかり言う、孫ほど歳の離れた小僧・・・。

しかし相馬さんは、そんな私といつも正面から向き合い、真剣に議論してくれました。相手が大臣であろうが、小僧であろうが、相馬さんが投げかける「民主主義と平和」への強い思い、言葉は全く同じものでした。

相手が誰であろうと、分け隔てなく、「良いもの良い。悪いものは悪い」と真剣に語るその姿勢。それはまさに父・尾崎行雄がそうであったように「誰が正しいかではなく、何が正しいか」を常に考える相馬さんの強い信念からくるものでした。

出会った当初、「雲の上」の相馬さんにいつも緊張し、遠慮し、思ったことをなかなか口に出せなかった私に、相馬さんは痺れを切らして怒鳴りました。

「石田さん、言いたいことがあったらハッキリ言いなさい! あなたは私の『教え子』じゃなくて、日本の未来と、財団のやるべきことを一緒に考える『パートナー』なんですよ! わかってますか!」

それ以来私は、生来の気性もあってか、相馬さんに対して、言いたいこと、言うべきことは遠慮せずに言う、強く言う、強過ぎるくらい言うようになりました。すると、相馬さんから「倍返し」。私もまた「倍返し」――毎日のように「白熱した議論」をしていました。(他のスタッフからは、二人は「喧嘩」しているように見えていたそうです)

そんな日々が2年ほど続いた1998年。
いつものように相馬さんと、ああでもない、こうでもないと議論している時、なんとなく以前から(ぼんやりと)考えていたアイデアを口にしました。尾崎行雄の雅号・咢堂(がくどう)の名を冠した「咢堂塾」です。

相馬さんはすぐに興味を示してくれて、「具体的に聞かせて!」と言ってくれたのですが、「なんとなく」「ぼんやり」としか考えていなかったので、口ごもってしまいました。するとまた相馬さんの怒声が。

「石田さん、本当に大事なことは、思いつきで(思いついたまま)口に出すもんじゃありません! 自分の頭でよく練って、考え抜いて言葉にしなさい。そして、言葉にしたら、行動しなさい!」

その年、第1期「咢堂塾」が開講しました。

あれから20年。多くの支援者・協力者、講師陣、そして累計550名を超える塾生たちに支えられ、咢堂塾は今年「成人式」を迎えます。

不偏不党の咢堂塾。
異なる意見・主義主張にも触れながら、「誰が正しいかではなく、何が正しいか」を自分の頭でしっかりと考え抜く。
「独り善がり」や「思い込み」でないか――常に自らの信念を見つめ直し、磨き、強くしていく。

そして日本のため世界のために何ができるか――自ら志を立て、「できることから始める」。

尾崎行雄と相馬雪香の「心の力」「言葉の力」「行動する力」を身につけ、有権者として、地域リーダーとして、政治家として、NGOとして、会社員として、学生として、それぞれの立場・分野で、「できることから始める」。

相馬雪香さんの遺志・哲学をしっかりと受け継ぎ、この5月から第20期「咢堂塾」が始まります。

→ 「咢堂塾」第20期生募集中(尾崎財団ホームページ)


↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

憲政の父・尾崎行雄に学ぶ「国会議員の資格十カ条」

昨年10月の解散・総選挙から今日にいたるまで、野党の「迷走」が止まらない。

民進党時代、安保法制に先陣を切って反対していた某議員は、同法に肯定的な希望の党に嬉々として移り当選を果たした。しかし、選挙期間中からその後にかけて、希望の党が失速するやいなや、再び安保法制には反対だと言い出した。

その言動があまりにも露骨だったため、今でも彼に対する批判の声は多い。しかし、某議員だけの問題ではない。あの解散時、同じような動機(すなわち自己保身)で動いた候補者の数は、少なくとも一ケタではないはずだ。さらにそれは民進党に限ったものでもなかった。

安保法制の是非はともかく、こうした自己保身で政党や政策を変える政治家に、多くの有権者が失望や怒りを覚えたことだろう。今となっては、個々の政治家よりも、野党全体に対する不信や失望が強まっているように思える。

この1月に行われたNHKの世論調査では、政党支持率が自民党38.1%に対し、野党では最も高い立憲民主党で9.2%、次の共産党が3.6%だ。民進党、希望の党、日本維新の会はいずれも1%程度しかない。時事通信でも、自民28.1%に対し、立民が6.2%、共産が2%で、民進・希望・維新はいずれも1%を切っている。野党全体を合わせても、自民党の半分もしくはそれ以下という状況だ。

政党政治における「一強多弱」は、国民にとって望ましい姿とはいえないだろう。一強状態では緊張感が薄れ、政治運営も政策も緩慢になる可能性が高い。また、反対勢力を気にする必要がないため、誤った方向へ独善的に突き進む可能性もある。

憲政の父・尾崎行雄は、善政を敷くためには与野党が互いに睨み合い、いつでも政権交代可能な緊張状態にあることが重要だと言う。政権担当能力を持った、より良い対案を示せる野党が存在し、政権・与党に緊張感を与えながら互いに競い合うことで、より良い政治・政策が実現されるというわけだ。

前述の安保法制を取りまとめた、現・自民党副総裁の高村正彦氏は、近著『国家の矛盾』の中で民主党政権の誕生と凋落に触れ、「今度は5年10年は国民が納得するような提案を出して、政権を取ってもらいたい・・・自民党が困るくらいの野党が出たほうが、日本の政治のためになる・・・」と述べている。これは「一強多弱」の余裕から出た皮肉ではない。国家国民のためには与野党の健全な対峙が必要であるという、政党政治家としての矜持である。

野党を育てるのは、われわれ有権者の責務でもある。そのためには、政党を構成する議員一人一人の資質を厳しく見定め、声を上げていくことが不可欠だ。

以下は、日本で最初の国会が開催される前年に、尾崎行雄が記した「国会議員の資格十カ条」である。もちろん野党のみを念頭に置いたものではないが、健全な野党を育む一助として、多くの有権者に常に見つめ直してほしい内容である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「国会議員に重要な資格中、最も重要なるものの十カ条」

(一)国会議員は広く内外の形勢を明らかにし、当世の事務に通ずるを要す。
 ――これは政府の法律によって設定することの出来ない資格で、それは財産年齢などより重要である。

(二)国会議員は道徳堅固なるを要す。
 ――これ自体に誰もが同意するが、世の人は金科玉条を軽率に看過するので、却って実行されないものである。実行こそ重要なことだと注意すべきである。

(三)国会議員は公共心に富むを要す。
 ――これを如何に養成することが出来るかは容易ではないが、しかし、公共心の有無、厚薄が常に国家の盛衰興亡の原因となっていることから、この公共心の価値を知るべきである。

(四)国会議員は権勢に屈せざるの勇気あるを要す。
 ――我が国では多年にわたり官吏を威張らした為、とかく官吏は人民を侮り、人民は官吏を畏れる傾向がある。

(五)国会議員は名利心の薄きを要す。
 ――権勢に屈しない勇気があって、名利心薄くなければ毀誉の為に屈し、利害の為に迷うの憂いがある。

(六)国会議員は自説を固守するの貞操あるを要す。
 ――間違った主義を持つと、全く無主義よりは優るとは、西哲の金言である。無主義の変改ほど無益なものはない。

(七)国会議員は独立の見識あるを要す。
 ――独立した見識なく、恰も楊柳の風に靡くが如く誘わるるまま西に行き、東に赴く者多ければ、一定不変の進路を取ることも出来ない。

(八)国会議員は思慮周密なるを要す。
 ――政令が度々変化して、朝令暮改が多いのは弊害が大きい。

(九)国会議員は穏当着実なるを要す。
 ――過激の言論、痛快の挙動は避ける必要がある。過激粗暴の人は深く時勢民情を洞察することが出来ない。

(十)国会議員は多少の弁舌あるを要す。
 ――充分に其の思想を説明するの弁舌を有しながら、みだりにこれを使用せざる人物を選ぶべし。

以上、『欧米漫遊記』(1889年・明治22年)より抜粋
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

尾崎財団2017年 活動の御礼とご報告

2017年も、会員をはじめ多くの方々にお支え頂き、以下の公益活動(有権者啓発、人材育成、被災地支援)を行うことができました。
当財団役員・スタッフ一同、ここに厚く御礼申し上げます。

【咢堂塾(がくどうじゅく)】 
リーダー養成を目的とする「咢堂塾」も19年目を迎え、これまでに累計550名が卒塾。国会・地方議会議員をはじめ、社会貢献に取り組む多くのリーダーを輩出しています。
今期は15名が在塾。5月より月2回、憲政記念館で学び、2月に卒塾します(全16回講義)。※被災地のオンライン受講生には、協賛企業・団体のご支援により無料で講義を提供しています。
これまでに、北川正恭氏(元三重県知事)、神保哲生氏(ビデオジャーナリスト)、小川和久氏(静岡県立大学特任教授)、伊勢崎賢治氏(東京外国語大学大学院教授)、樋口恵子氏(高齢社会をよくする女性の会代表)など14回の講義を終えています。また、元内閣府副大臣・長峯基氏による特別公開講義「人間学―論語と佐藤一斎」では、塾生以外にも多くの方々にご参加頂きました。

【講演会/政経懇話会】 
隔月で開催している講演会(他団体共催)では、5月に西修・駒沢大名誉教授「憲法と緊急事態条項」、7月に小川和久・静岡県立大特任教授「日本政府には国民を守れない」、9月に河本志朗・日大危機管理学部教授「911以後の世界」、11月に柳井俊二・国際海洋法裁判所判事・元駐米大使「対テロ戦争の時代」を開催しました。
また、政経懇話会では、テレビプロデューサーの結城豊弘氏の講演「日本政治の課題・テレビの深層」を開催しました。
その他、「尾崎行雄・民主主義・選挙」をテーマにした出張講演8回(埼玉、東京、神奈川、三重)を実施しました。

【記念シンポジウム】
7月、「激動する世界情勢と日本の未来」をテーマにシンポジウムを開催しました。
講師は小川和久・静岡県立大特任教授、伊勢崎賢治・東京外大院教授、伊藤祐靖・元海上自衛官、コーディネーターは桜林美佐・防衛問題研究家。
当日は約100名の参加者の中、日本の安全保障と国際協力のあり方について講師陣による白熱した議論が行われました。
なお、当日の講演内容は『世界と議会』秋冬号に掲載しています。

【記念の集い】
10月、「尾崎行雄・桜とハナミズキの集い」を開催しました。
伊勢のNPO法人咢堂香風理事長の土井孝子氏による講演「咢堂香風の歩み―国際交流と世界平和に向けて」、東京都立園芸高校同窓会長の宗村秀夫氏による講演「友好の絆―桜とハナミズキ」を行いました。
当日は米国から2016年の全米桜の女王レイチェル・ボーン氏、全米州議会協会役員のアキコ・キーン氏、また伊勢の第七代花みずきの女王・伊藤小百合氏など、約100名の方々にご出席頂きました。

【季刊『世界と議会』の発行】
財団機関誌『世界と議会』(春号・夏号・秋冬合併号)を計3500冊発行し、国会・地方議会議員、自治体、公立図書館、その他公共施設へ配布しました。春号には、元内閣府副大臣・長峯基氏による講演や、超党派の地方議会議員による寄稿などを掲載。夏号には、桐蔭横浜大院教授のペマ・ギャルポ氏、駐日モンゴル国特命全権大使のソドブジャムツ・フレルバータル氏による講演、また秋冬号には、上記の記念シンポジウムでの講演や、土井孝子・咢堂香風理事長の特別インタビューなどを掲載しました。

【被災地支援】
上記の記念事業2つ(「記念シンポジウム」、「記念の集い」)へのご寄付と参加費、また各種活動の収益の一部を関連NPOを通じて被災地支援(物資・文具等の寄贈/植樹活動)に役立たせて頂きました。

【ホームページ・SNSによる情報発信】
財団の最新情報や研究員コラム、また、尾崎行雄関連情報や「咢堂ブックオブザイヤー」など多くの企画を掲載。国内にとどまらず、海外からも多くのアクセスを頂いています。


以上が尾崎財団2017年の主な事業活動です。
これらの事業は全て皆様からの年会費・参加費・ご寄付によって運営されております。
お支え頂いた皆様に、改めて深く感謝申し上げます。
2018年は、「尾崎行雄生誕160年」、そして「相馬雪香没後10年」という節目の年です。
引き続き、ご支援・ご協力を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

  一般財団法人尾崎行雄記念財団
   理事・事務局長 石田尊昭


↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村


「尾崎行雄と相馬雪香」を未来に繋ぐ

最近、10代の皆さんに「尾崎行雄と選挙、民主主義」をテーマにお話しさせて頂く機会が増えてきました。

8月には東京都立園芸高校・愛知県立安城農林高校の皆さん、9月には早稲田大学のゼミ生の皆さん、10月には国会見学に来た都内小学校の皆さん、11月には三重県伊勢市の小中学校の皆さん――。

尾崎についてある程度知っている人から、部分的なエピソードだけを知っている人、あるいはほんとんど初めて聞く(教科書で名前くらいは知っている)という人まで、いろいろです。
いろいろですが、私自身が器用ではないので、いつも同じ内容を同じ口調・表現でお話しします。それでも皆さんは最後まで真剣に聞いてくれて、こちらがドキッとするような鋭い質問をしてくる小学生もいます。

この12月、「バッカーズ九州寺子屋」の皆さんとお会いしました。
バッカーズ寺子屋というのは、企業家グループが立ち上げた少年教育事業で、10歳から15歳を対象に、講演や企業訪問、合宿等を行い、知識よりも「志」「人としてのプリンシプル」を養うことを目的としています。
先日、塾長の木村貴志先生と、バッカーズ九州寺子屋の塾生(小中学生)23名が憲政記念館を訪問されました。私は記念館の案内をしながら、最後に「尾崎行雄と民主主義、一票の大切さ」についてお話しさせて頂きました。

とても礼儀正しい塾生の皆さん。展示資料を見ながら一生懸命メモを取る姿からは、一つでも多くを学び取ろうという強い意欲を感じました。そして、私の拙い説明や、小学生には少し難しいかもしれない話を最後まで真剣に聞いてくれました。
中には、『18歳からの投票心得10カ条』に興味を持ってくれて、「帰ってからも尾崎や一票の価値について勉強します」と言ってくれた塾生もいました。

その中の、ある小学生の男子が「石田さんの『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』を読んでいます。感想文を送りますね」と言ってくれました。その小学生は、なんと相馬雪香さんの曾孫、つまり尾崎行雄の玄孫でした。翌日、彼のお父様(相馬雪香さんのお孫さん)からメールを頂き、お父様も『50の言葉』をお読みくださっているとのことでした。親子でお読み頂いていることに本当に感激し、感謝の気持ちでいっぱいです。

バッカーズ寺子屋の皆さんをはじめ、これまでに出会った、またこれから出会う10代の皆さんとのご縁を大事にしたいと思います。そして、尾崎行雄と相馬雪香の信念・生き方を一人でも多くの若い人たちに伝え、未来に繋いでいきたいと思います。

「よく、『最近の若者は・・・』なんて言うけど、私の子供のころと比べたら、今の若者のほうがよっぽどしっかりしてますよ。たくさんの情報にも触れるし、海外にだって行けちゃう。その海外も観光旅行とかじゃなくて、ボランティアとか、NGOとかで行っちゃう。問題は、そんな若者の才能や生き方を、われわれ大人がどうやってエンカレッジしていくかです!」(『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』より)

↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

咢堂香風の「尾崎行雄生誕祭」

咢堂・尾崎行雄を25回連続当選に導き、60年以上も国会に送り続けた伊勢の有権者。
その伊勢には、咢堂精神の普及に努めるNPO法人「咢堂香風(がくどうこうふう)」があります。

「尾崎行雄生誕祭」や、小中学生を対象とした「尾崎咢堂読書感想文コンクール」「さくらの写生コンクール」といった青少年育成事業、また、「花みずきの女王」選出や「全米さくらの女王」の伊勢招聘ならびに「全米さくら祭り」への参加といった国際交流事業を積極的に行っています。

尾崎行雄生誕祭は毎年11月に尾崎咢堂記念館(伊勢市)で開催されます。そこでは、読書感想文コンクールの授賞式が行われ、優秀者に市長賞、議長賞、教育委員会賞などが授与されます。そして授賞式後には、地元の地方議会議員の皆さんと、受賞した子供たちが輪になって「地域の未来について語り合う」という企画(子供たちにとっては大変貴重な体験です!)が行われます。

今年の生誕祭は、去る11月25日に開催されました。昨年同様、授賞式に先立ち「今こそ咢堂精神を!―尾崎行雄の生き方に学ぶ」という演題で私は講演をさせて頂きました。

民主政治は有権者中心の政治であるからこそ、その有権者の在り方を厳しく問い続けた尾崎。民主主義は制度を整えることよりも、その精神を身に付けることが重要だと説き続けた尾崎。投票率よりも「投票の質」を高めることの大切さ。一人一人が一票の価値を知り、その力を信じ、国や社会の在るべき姿を自らの頭で考え、良心に従って投票することの大切さについてお話ししました。

すでに尾崎の本を読み込んで勉強している小中学生、また議員や大人の方々には「当たり前」すぎて退屈かなと思ったのですが、皆さん最初から最後まで真剣に聴いてくださいました。

この生誕祭や読書感想文コンクール、またその他の国際交流事業も、始めた当初は今とは比べものにならないくらい規模の小さいものでした。それを、「民主主義と平和に対する咢堂の思い―咢堂精神を伊勢から世界に広げ、未来に繋ぎたい!」という一心で、ここまで大きくしたのは、「咢堂香風」の現理事長・土井孝子さんです。土井さんの情熱と行動力は、尾崎三女の相馬雪香さんを想い起こさせます。(ちなみに咢堂香風の「香」は相馬雪香から一字とったものです)

去る10月21日に開催した当財団主催「尾崎行雄・桜とハナミズキの集い」では土井理事長に特別講演をして頂きました。また、同日配布した当財団の機関誌『世界と議会』最新刊(秋冬号)には、土井さんの特別インタビュー「NPO法人咢堂香風の取り組み―咢堂精神の普及と世界平和に向けて」が掲載されています。こちらもぜひ多くの皆様にお読み頂きたいと思います。(同誌ご希望の方は尾崎財団事務局までご連絡ください)

来年は、「尾崎行雄生誕160周年」という節目の年です。
伊勢の咢堂香風の皆様をはじめ、多くの関係者・同志の皆様と一緒に、「咢堂・尾崎行雄」を大いに盛り上げていきたいと思います!


↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード