fc2ブログ

『政治家の条件』伊勢新聞に書評

政治家の条件 書評


伊勢新聞は、尾崎行雄を60年以上にわたり国会に送り続けた伊勢を中心に長年親しまれ、読まれ続けている日刊紙です。

去る6月5日、拙著『政治家の条件―議会政治の父・尾崎行雄に学ぶ「有権者の心得」―』が取り上げられ、書評が掲載されました。

丁寧かつ簡潔明瞭にまとめられ、私が最も伝えたい部分を的確に示して頂いています。
--------------------------------------------

 尾崎行雄(一八五八―一九五四)の自由主義と軍縮・不戦の信念、生き方を振り返る。「有権者一人一人の一票に、憲政を活殺する力がある」という尾崎の視点で教訓を導く。・・・

 「国民の権利を拡張し、各人が自らの能力を存分に発揮できるようにする。そうした自由主義観が尾崎の根底にはある」という。・・・

 第一次大戦後の欧米視察で軍縮論者に転換。「世界が国際協調と軍縮の方向に舵を切ろうとする中、日本だけが逆行するのは得策ではなく、また国内の財政的負担も大きいと考えたからだ」。・・・

 演説の名手で、・・・「事実と根拠を冷静に示し、論理的に問題の本質を突いていく」話し方だった。・・・

---------------------------------------------
尾崎行雄と縁の深い新聞社に取り上げて頂き光栄です。
この場を借りて御礼申し上げます。


◆『政治家の条件』は、全国の書店(お取り寄せもできます)ならびにオンライン書店でお求め頂けます。
アマゾン
紀伊國屋
楽天ブックス

スポンサーサイト



「憲政記念館・代替施設」が開館

尾崎行雄記念財団が寄付を募り、全国から寄せられた浄財で建設した「尾崎記念会館」。1960年の完成と同時に衆議院に寄贈されました。その後、新館が増築され、1972年に「衆議院 憲政記念館」として開館、現在に至ります。

その憲政記念館が建て替えのため今年(2022年)1月末から休館し、5月下旬から工事が始まりました。建物は全て解体され、今から約6年かけて現在の敷地に「新たな国立公文書館」とともに新・憲政記念館が建設されます。(2028年度中に開館予定)

この建替工事に伴い、「憲政記念館・代替施設」が国会参観バス駐車場横に造られ、ついに昨日(6月2日)開館しました。

代替施設は、あくまで一時的なもので、延床面積もこれまでより小さく、展示物も少なくなっていますが、その分、随所に工夫が施され、見やすく、分かりやすく、子供から大人まで楽しめるような作りになっています。

オープンの前日、内覧会が開催され、衆議院議長・副議長、議院運営委員ほか多くの関係議員が出席しました。議長の挨拶、テープカットの後、憲政記念館(衆議院事務局)の皆さんによる丁寧な説明を受けながら、私も一緒に展示室や会議室などをまわりました。この代替施設の開館に向けて、憲政記念館の皆さんが大変苦労されていたのを知っている分、感慨もひとしおでした。

ところで、今年1月26日、「現憲政記念館に対する感謝の会」が、岡田憲治・衆議院事務総長のもと、関係者のみで開催され、現館長・元館長、私など6名ほどが出席しました。そこで、これからの新記念館建設に向けての思いを話すよう求められ、以下の通り述べました。

「これからのことを申し上げますと、どんなに立派な建物ができても、そこに魂がこもらないとただのコンクリートですから。この憲政記念館が新しくなるに当たって、今までどういう思いでここが造られてきたのか、運営されてきたのか、どういう先人たちの知見や経験がここに埋まっているのか、そして尾崎行雄を始め当時の議会制民主主義の発展に尽くした数多くの政治家、思想家、研究者、こういった方々の思い、理念、そういったものを我々は受け継ぎ、語り継いでいく使命があるんだと思います。その意味では、憲政記念館にしっかりと魂を入れていく。令和10年度にここにどんな立派な建物ができても、そこに我々が魂を宿していかないと意味がないと思っています」
(「憲政だより・時計塔」令和4年春季 No.030 より抜粋)

ぜひ、この「憲政記念館・代替施設」にもお越し頂き、皆様の手で魂を宿し、先人の思いを受け継ぎ、語り継いでいってください。

新刊『政治家の条件―議会政治の父・尾崎行雄に学ぶ「有権者の心得」―』(石田尊昭著)のご案内

この度、尾崎行雄記念財団の活動の一環として、拙著『政治家の条件―議会政治の父・尾崎行雄に学ぶ「有権者の心得」―』が刊行されました。

本書は「議会政治の父」「憲政の神」と呼ばれる尾崎行雄の信念や生き方を振り返り、現在の、そしてこれからの日本に求められる政治を検討したものです。
議会政治の原点に立ち戻り、政治家と有権者の「あるべき姿」を追求しています。

(すでに予想を上回る多くの方々にお読み頂いております。心より感謝申し上げます。 また、お読み頂いた国会議員や地方議会議員の方々からもお手紙や直接お電話を頂戴しております。この場を借りて、皆様に厚く御礼申し上げます。)

石田尊昭 政治家の条件
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著 者: 石田尊昭
発 行: 2022年5月15日
出版社: 世論時報社
四六判/ソフトカバー/150頁
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第1章 危機に直面した政治
第2章 議会政治の父に学ぶ
第3章 尾崎行雄の生涯
第4章 尾崎行雄が目指した政治
第5章 本質を見極める力
第6章 揺るぎない信念
第7章 胆力と不屈の精神
第8章 全体と将来を見通す力
第9章 尾崎行雄「議員の資格十カ条」
第10章 咢堂言行録二十選
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆ご購入については下記(1)または(2)で

(1)尾崎行雄記念財団公式サイトに掲載してあるチラシをご利用下さい。特別割引が適用されます。7月末まで。

(2)全国書店でのお取り寄せ、またはオンライン書店で(下記以外でも)お求め頂けます。

アマゾン
紀伊国屋
楽天ブックス

ぜひともご購入頂き、また、ご友人・お知り合いの方へおすすめ頂ければ幸いです。


2020年・尾崎財団 《御礼と活動報告》

日頃より多大なるご支援・ご協力を賜り、誠に有り難うございます。

今年は、新型コロナウイルスの影響により、当財団を取り巻く環境も大きく変化しました。特に4月以降は、事務局運営と事業活動の自粛により、当初予定していた講演会・イベント等が規模縮小や中止を余儀なくされました。そして今なお新型コロナ収束の見通しが立たない中、当面こうした状況を続けざるを得ず、引き続き会員・支援者の皆様にご心配とご不便をお掛け致しますことを深くお詫び致します。
活動の自粛・縮小が続く中、会員・支援者の皆様からこれまで以上に温かいご支援を頂き、2020年は以下の活動を行うことができました。役員・スタッフ一同、心より厚く御礼申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【咢堂塾】 
リーダー養成を目的に、尾崎行雄三女の相馬雪香と共に立ち上げた「咢堂塾」は、今年で22年目を迎えました。これまでに延べ615名が卒塾。国会・地方議会議員をはじめ、社会貢献・地域リーダーとして幅広く活躍しています。
今期は全国から30名(オンライン受講生含む)が入塾し、6月から12月までの期間、全14回の講義を終えました(2021年1月に卒塾式・演説会を開催予定)。
講師には、神保哲生氏、小川和久氏、北川正恭氏、池田信夫氏、高橋茂氏、飯田哲也氏、仲本光一氏、樋口恵子氏など各界を代表する専門家の方々をお招きしました。
塾生の皆さんは大変熱心で、講義を真剣に聴き、講義後のディスカッションも大いに盛り上がりました。
今年の咢堂塾は、コロナ感染防止の観点から、講師と塾生・塾生同士の距離確保、マスク着用と消毒・換気の実施、ライブ配信の試験的実施など、これまでにない形式での開催でしたが、皆様のご協力により、全講義を無事終えることができました。(※激甚災害に指定された被災地の塾生には、今年も協賛企業のご支援により無料で講義を公開しました。)
そして、2014年から実施し、今年で7回目を迎えた「咢堂ブックオブザイヤー2020」を、12月25日に発表しました。選考は、咢堂塾運営委員・研究員・役員が中心となって行っています。

【共催講演会/後援事業】 
隔月で開催している講演会(グローバルイッシューズ総合研究所と共催)では、7月に大庭誠司氏(元内閣官房内閣審議官・元消防庁次長)を迎え、新型コロナに対する国家の危機管理をテーマに、9月には吉崎達彦氏(双日総合研究所チーフエコノミスト)を迎え、米大統領選をテーマに、そして11月には、ロバート・エルドリッヂ氏やケント・ギルバート氏等を迎え、米大統領選とアメリカの今後をテーマにそれぞれ開催しました。
また、11月には「尾崎行雄を全国に発信する会」主催、当財団後援の「第18回尾崎咢堂杯・演説大会」が神奈川県で開催され、当財団理事の石田が審査員およびパネル討論会コーディネーター(パネリスト:石破茂氏、後藤祐一氏、丸山和也氏)を務めました。

【機関誌『世界と議会』の発行】
毎年「春号(4月)」「夏号(8月)」「秋冬号(12月)」を発行しておりますが、今年は活動自粛により春号を発行できず、「春夏号」という形で8月に発行しました。尾崎行雄、日本政治、国際問題等を取り上げた本誌は、国会図書館をはじめ公立図書館・公共施設および国会・地方議員等にも幅広く配布しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当財団では、まさにこのような時代だからこそ、改めて尾崎行雄の信念や生き方を多くの方に伝えたいと考えております。
新型コロナの影響により活動面・財政面いずれも厳しい状況ですが、「このピンチをチャンスに」という思いで、新たな取り組みを模索するとともに、今できることに集中し、より一層、事業の質を高めるべく全力で取り組んで参ります。
引き続き、ご支援・ご協力のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

2020年12月30日

尾崎行雄記念財団
理事・事務局長
石田尊昭

2019年 御礼とご報告

今年も、会員の皆様をはじめ多くの方々にお支え頂き、以下の公益活動(有権者啓発、人材育成、被災地支援)を行うことができました。当財団役員・スタッフ一同、ここに厚く御礼申し上げます。

【咢堂塾】
リーダー養成を目的とする「咢堂塾」も今年で21年目。これまでに累計590名が卒塾。国会・地方議会議員をはじめ、社会貢献に取り組む多くのリーダーを輩出しています。毎回、講師陣には各界のエキスパート、リーダーを招聘。この第21期は全国から23名(オンライン受講生含む)が集い、憲政記念館で毎月2回学んでいます。なお、被災地の受講生は、協賛企業・団体のご支援により受講料を無料としています。

【講演会】 
隔月で開催している講演会(グローバルイッシューズ総合研究所と共催)では、7月に選挙プランナーの三浦博史氏「参院選挙について」、9月に日本大学教授の安部川元伸氏「国際テロの現状について」を開催。また、尾崎行雄と政治・選挙をテーマに当財団理事の石田による出張講演を都内及び神奈川・三重・埼玉で計5回開催しました。

【咢堂塾20周年特別講演会】
3月に特別講演会を開催。講師は、衆議院議員の石破茂氏。テーマは「日本の進むべき道」。当日は定員を大幅に上回る参加者で大変盛況でした。講演内容は『世界と議会』夏号に収録しています。

【記念講演・懇親の集い】
8月に高村正彦・当財団理事長による理事長就任1周年記念講演「平成から令和へ―日本政治の未来」を開催。また10月に衆議院議長の大島理森・当財団会長による咢堂没後65年記念講演「議会政治の未来」を開催。両講演会には合わせて250名の方々にご参加頂き大変盛況でした。また、それぞれの講演会後に行われた懇親会も大いに盛り上がり、参加者同士が互いに交流を深めることができました。

【季刊『世界と議会』の発行】 
春号・夏号・秋冬号を計3500冊発行し、国会・地方議会議員、自治体、公立図書館、その他公共施設へ配布。尾崎行雄と日本政治、国会改革・外交問題などに関する論文や講演録は、議員や研究者をはじめ多くの皆様にお読み頂いています。

【被災地支援】 
記念事業ならびに各種活動の収益の一部を関連NPOを通じて被災地支援(物資・文具の寄贈/植樹活動等)に役立たせて頂きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆来年(2020年)は、議会開設130年の節目の年です。議会政治の父と言われた尾崎行雄の信念や生き方を広く伝え、これからの議会政治に役立つイベントを開催したいと思います。
 
◆また来年は、憲政記念館のリニューアル建替工事(2021年初旬着工予定)に向け、当財団の仮事務所設置の準備も進める予定です。詳細は改めてご案内致しますが、その際は、ぜひとも皆様のご支援ご協力をお願致したく、何卒宜しくお願い申し上げます。

プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭 政治家の条件
石田尊昭『政治家の条件』
(2022年)


石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード