スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「子育て」前回のブログから1年・・・

娘はこの春から小学2年生に、そして息子は年長組に。

娘は学校でも家でも、すっかり「おねえちゃん」っぽくなり、年下への接し方も極めつつあります。そしてこの頃は、いっちょまえに「恋ばな」なんか語ったりして・・・う~ん、複雑なパパ。

弟のほうは、相変わらず甘えん坊で、まだもう少し「おにいちゃん」と呼ぶには早いかな・・・。それでも最近は「いや~、さすが年長組の、おにいちゃんだね!えらいね!」という「おだての言葉」に敏感に反応。誇らしげな表情になり、ママのお手伝いを進んでやることもあります。

可愛くもあり、小憎らしくもあり。もちろん今でもパパの「カミナリ」は、しばしば二人に落ちますが、それでも、2~3才頃と比べると、今がまるで別世界にいるような気もします。

娘が2才の頃は、「あ~、この子は本当に大丈夫なんだろうか。いや、自分は親として大丈夫なんだろうか・・・」と悩んだり、情緒不安定な日々が続いていました。自分も、親としては2才程度。試行錯誤の繰り返しで、徐々に疲労が蓄積され、だんだん心に余裕がなくなり、言うことを聞かない娘についついきつく当たり、最後は自己嫌悪に・・・の繰り返し。今思うと、そんなパパの数倍の時間を子供と一緒に過ごしていたママ。数々の「苦難」を乗り越え、今の状態まで育て上げたママは、なんと偉大なことか!

あの頃と比べると、ずいぶん心にゆとりができ、それが子供の成長へも影響しているように思います。親の心のゆとりが子供の成長を促すのか、子供が成長するから親の心にゆとりができるのか・・・ニワトリと卵のような話・・・う~ん、両方なんでしょうか。

まだまだ親としては半人前以下ですが、家族みんなでたくさん笑って、泣いて、怒って、喜んで・・・子供と一緒に成長していきたいですね。では、また。
(って、この文章は一体誰に向かって書いてるんだろうと自問自答したり・・・)

↓いろいろな人のブログがご覧いただけます
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

娘の卒園式、無事終了

「子育て」を書くのは、前回から1年3ヶ月ぶり。
その間、何も無かったのかと言うと、そんなわけはなく・・・大小さまざまな「事件」がありました。
もちろん嬉しいことや楽しいことも。

さて、一昨日あの「やんちゃ姫」が無事卒園しました。でも、もうあまり「やんちゃ姫」ではなくなり、いつのまにか「おねえさん」になっていることが、嬉しくもあり、寂しくもあり。

3年前、入園式の日、一人会場を抜け出し、グズる娘。そんな娘を抱っこして、軽い絶望感とともに、園庭に立ちつくしたあの日。「あ~、あれから3年が経ったんだ~」と思いつつ、卒園式で元気に歌う娘の姿に目をやると、じんわり涙が・・・歳のせいでしょうか。

さらに3年さかのぼり、赤ちゃんのときを思い出します。パパがお風呂に入れるたびに、悲鳴をあげて泣く娘。「この子と仲良くお風呂に入れる日など一生こないんじゃないか」と真剣に悩んだあの日。今では、パパが休暇の日は必ず、娘・弟・パパの3人で入って、いっぱい、いっぱい遊んでます。

3才になっても夜中まで寝付かず、パパとママを疲労困憊させていたあの日。今では、ぐっすり11時間は寝ます。

お友達にすぐ手を出してしまい、ハラハラさせられたあの日。今ではすっかり「おねえさん」になって、下級生の面倒を見たり、一緒に遊んだり。

弟に嫉妬して、喧嘩の絶えなかったあの日。あ、これは今でも変わりません!少しは減りましたが・・・。

ここ2年くらいでしょうか。5才から6才にかけて、急激に成長したような気がします。
ただ、「パパ大好き~」「パパと結婚する~」「パパと映画デートする~」といった蜜月も束の間。最近、同じクラスの男の子が好きになったそうで、早くもパパと「距離」を置き始めました(泣)。
「キスやだ」「あっち行って」・・・これが結構こたえるのです。

まあ、とは言え、日々成長する娘の姿は嬉しいものです。もちろん「勝手に成長する」わけではなく、やはり、「ママの力」は偉大だな~と感じる今日この頃なのです。

↓いろいろな人のブログがご覧いただけます
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

息子の前髪を切ったら・・・・妻、号泣!

先日、とある休日の朝、ママが買い物に出かけ、5歳の娘と3歳の息子と一緒にテレビを見ながらお留守番。

ふと気付くと、息子がしきりに前髪を手で払っていました。う~ん、確かにちょっと伸び過ぎかな。息子のヘアスタイルは、なんとなく中性っぽい、ジャニーズ系にしたいと思い(髪型だけでも・・・)、全体的に長めに保っていたのですが、前髪が目に入っては良くないので、よし、パパ、一大決心、「切る!!」

早速、子供用の小さなハサミを取り出し、「ま、目に入らない程度に、ちょっぴり切るか」てな感じで、チョキ、チョキ。う~ん、なんかうまくそろわないぞ。もう少しチョキチョキ。あらら、右だけ短く・・・。では左もチョキチョキ。ううう、どうもバランスが、もうちょいチョキチョキ。う~ん。うん? う~ん。ま、こんなもんか。よしよし、こんなもんだ(←自分に言い聞かせています)

前髪がかなり短くなって、一直線にそろえたオカッパヘアー。こんなにも表情が変わるのか!と結構びっくりしました。それまでは、ちょっぴりオシャレな感じのヘアスタイルだったのに、あっと言う間に、純和風&古風な感じ・・・オデコ全開の「金太郎」です。

なんとなく、不安感というか、罪悪感というか、必死に開き直ろうとするパパ。とりあえず、息子の顔の写メを買い物中のママに送信。10分たっても返事がなく、そのうち、家のドアが開いて、ママ、笑顔で「ただいま~!」

パパ「おかえり~」・・・ホッ。よかった。案外、受け入れられたみたいだ、と思った次の瞬間!

ママ「ああああああ。どおしてええええええ。いやあああああ!!!」

泣きながら、何度も息子の顔を見て、抱きしめ、そしてまた泣くママ。それとは対照的に、キョトンとした顔で、あどけなく微笑む息子。その傍らで茫然自失のパパ。

その後、ママは約30分の「家出」となったのでした。

あれから3週間。息子を抱っこするたびに、どのくらい前髪が伸びたか気になるパパなのです。
う~ん、まっったく伸びない!!

↓いろいろな人のブログがご覧いただけます
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

幼稚園・娘の運動会  

ここ2ヶ月くらい、週末に娘(5才)と息子(3才)を連れて児童館に行くと、体操場で必ず走り出す娘。公園に行っても、自分で「よ~い、ドン!」と叫んで、バタバタと走り出す。どうやら、運動会の「かけっこ」の練習だったようです。

10月6日(土)、その本番の日がやってきました・・・。

想い起せば1年前、開会式が始まっても、なかなかパパから離れようとせず、ダンスも少しズレ気味、かけっこは、ビリでした。それでも、初めて見る娘の「雄姿」。遅れながらも手拍子したり、頑張って動き回っている娘の姿に、僕は目頭を熱くしながら大喜び。緊張気味の娘をよそに、僕一人、はしゃいでいました。

そして今年。
娘の成長ぶりに、またまた目頭が・・・。(親バカだとお思いでしょうが・・・)
一年前とは比較にならないほど、ダンスも整列も上手にできているではありませんか! と言っても、あくまで、一年前の「本人」との比較なので、周りのお子さんたちは言うまでもなくかなりお上手です(笑)

さて、ついにやってきた「かけっこ」。
運動会が始まる前、「別に何番だっていいんだよ。一生懸命走ったら気持ちいいんだから。」と言っていたパパ。その気持ちは直前も変わりませんでした。とにかく、最後まで、転ばず、頑張って走る娘の姿が見たい、それだけでした。

「よーい、ドン!」
おおおおおおおおお! 娘が先頭を走っているではありませんか!
そして、そのまま2位との距離をあけてゴール!
去年がビリだっただけに・・・自分から進んで練習していただけに・・・家族みんな大喜び。
娘もなんだか誇らしげな笑顔。

努力する→成果が出る→笑顔になる・・・人生そんなに甘くないです。が、しかし、その喜びを知って、ちょっぴり成長したような娘を見て、パパは終始ご満悦なのでした。

ちなみにこの日、NHKの取材がきていました。その夜の番組で、「幼稚園や学校のイベントで子供たちの写真を撮るプロカメラマンという新ビジネス」みたいな感じで、颯爽と立ち回るプロカメラマンの様子が紹介されていました。
そこに、なんと、娘のダンスする姿がバッチリと映っているではありませんか! 3秒くらいですが。もちろん録画してます。

さ~てと、来月また、娘と『プリキュア』観に行くぞ~!

↓いろいろな人のブログがご覧いただけます
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

→ 「石田尊昭オフィシャルウェブサイト」  

→ 動画「尾崎行雄と相馬雪香 信念と歩み」

5才の娘 今日は父親参観日

今年の4月から幼稚園の「年中さん」になった娘。先月、誕生日を迎え、5才になりました。(ちなみに弟は今月3才に。が、当ブログでは相変わらずお姉ちゃんの話題ばかり!)

思い起こせば、娘が2才の頃は「う~ん、どうしたものか…」と、パパ、ママ揃って苦悩の日々が続いておりました。あの頃のブログにも、なんだかそんな感じが滲み出ております…。

が、今となっては、遠い遠い昔のような気がして、あの頃の「やんちゃぶり」が思い出せないこともあります。
「やんちゃ」が無くなったわけではありません。今でも時々、手がつけられないほどギャーッてなることもあります。でも、一頃を思えば、本当に本当にその成長ぶりにホロリとくることも。(←ハイ出ました。親バカです!)

その成長ぶりも、おそらく他人様から見れば「あらら?」という感じかもしれませんが、うん、それでいいのです。一昔前は、ついつい周囲と比べて、あせったり、迷ったり、イライラしたり、カーッとなったりしていましたが、「人は人。ウチはウチ!」と割り切ってから、ずいぶん気持ちに余裕ができ、わずかな成長にも喜べて、それを娘に伝えたときの娘の誇らしい笑顔にも気付いてやれるようになりました。

そんなこんなで、今日は父親参観日。

まずは、今度の運動会で着るTシャツにクレヨンでお絵かきタイム。
色と形について娘が指令を出し、それをパパが忠実に描写していきます。
少し図柄が歪んだり、色が混ざったりしても、娘は笑顔で「いいよ、いいよ」って。成長してま~す(感涙)!!

次は、お歌。
たとえ音程が外れても、そんなの大した問題ではありません! 大きな声で、必要以上に肩を上下させながら、最後まで歌い切りました。感涙!!

運動場でのダンスタイム。
たとえ周りとズレてても、そんなの大した問題ではありません! 自分の世界観で、独自のリズムで踊り切りました。感涙!!

そして自由時間。
二人で「泥だんご」を制作。
「ここに少し水を混ぜて、ドロドロになったのギュッてやる。かたまってきたら、今度はこの白い粉みたいな砂を掛けて、何度もこすると、ほら見て。ツルツルになって、光ってくるんだよ~」。まるで、池上彰のような分かりやすい娘の解説。感涙!!

あっという間に参観日終了~。

帰り道、マックに寄って、ついついソフトクリームを買い与え、娘の耳元でこっそり一言。
パパを好きになる(と勝手に僕が思い込んでいる)魔法の言葉…「これ、ママには内緒だよ!」。

でも、家に着くと、「嘘はつけない。パパにソフト買ってもらったよママ~」。
な、なんて正直なんでしょう!! か、かんるい!!


↓いろいろな人のブログがご覧いただけます
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

→ 「石田尊昭オフィシャルウェブサイト」  
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。