ドメスティック・バイオレンスにNO!と言おうキャンペーン

去る2月23日、国連女性開発基金日本国内委員会・地域等委員会「ユニフェムさくら」主催によるフォーラム、「NO!DV―ドメスティック・バイオレンスにNO!と言おうキャンペーン」が東京ウィメンズプラザで開催された。

僕は、故・相馬雪香さんが「ユニフェムさくら」名誉顧問に就任したのをきっかけに、同会の理事を拝命し、現在に至っている。(理事といっても大して役に立っておらず心苦しいのですが…)

当日は、「NO!ドメスティック・バイオレンス」の掛け声のもと、全国から数百名の人たちが集まった。

今回のキャンペーンにあたり、特に若いメンバーが、ドメスティック・バイオレンスの実態調査や、「NO!DV」の普及・啓発に向けて全国を駆けまわった。その志と情熱と行動力には、ただただ敬服するばかりだ。当日は、その調査結果やキャンペーンの成果が報告された。また、専門家による意見交流なども行なわれ、参加者の問題意識はより高まったにちがいない。

ドメスティック・バイオレンス(DV)は、直訳すれば「家庭内暴力」、つまり夫婦間での暴力や、家族間での暴力を意味するが、恋人や元夫婦といった関係もそこに含まれる。(ただし内閣府では、配偶者間の暴力に限定している。

被害者は圧倒的に女性が多く、身体的虐待・精神的虐待・性的虐待などを受けている。直接暴力を受ける本人はもちろんのこと、さらに深刻なのは、その暴力を目の当たりにした子供たちにも悪影響が出ることだ。DVを根絶することは、子供たちを守ることでもあり、また暴力の世代間連鎖を断ち切ることでもある。

言うまでもなく、DVは日本のみならず世界中で起きている。世界中で女性と子供が虐げられているということだ。

2月23日のフォーラムに出席し、改めてその日を、日本だけでなく世界のDV根絶に向けた新たなる取り組みの出発点にしたいと思った。

↓クリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード