スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御礼 「大正デモクラシーと咢堂・尾崎行雄」講演を終えて

10月28日(日)、相模原市立博物館で講演「大正デモクラシーと咢堂・尾崎行雄」を行ないました。

10月22日から海外出張しており、帰国したのが27日夜中、というか28日の明け方。「仮眠」をとって相模原へ。肉体的にはかなり厳しかったのですが、精神的にはとても充実していました。咢堂・尾崎行雄の生誕の地で、尾崎をテーマに、しかも2012年という節目の年(咢堂のワシントン桜寄贈100年/憲政擁護運動開始100年/咢堂三女・相馬雪香さん生誕100年)に、相模原の皆さんと時間を共有できる・・・本当に光栄なことですし、ずいぶん前から楽しみにしていました。

今回の講演では、尾崎の歩みと大正デモクラシーの特徴を簡単に振り返りながら、尾崎の信念・生き方・ビジョンの「今日的意義」を考え、それを私たちの政治・社会、また個人の生き方・行動にどう生かすか、というお話をさせて頂きました。ですので、歴史を年代別に説明することはなるべく控え、やや抽象的ですが、尾崎を支えた思想や信念の中核部分に重点を置きました。

講演時間2時間のうち、当初の予定では講演90分、質疑応答30分ということでしたが、参加者の皆さんと意見交換しながら共に考える時間をしっかりと取りたいと思い、講演を70分ほどで切り上げ、残り50分を質疑応答に当てました。

私は普段、こうした講演会等の進行役を務めることが多いため、講師が(当初の打ち合わせを無視して)時間を自ら変更してしまった場合の「ハラハラ感」は重々承知しています・・・。今回、進行役の学芸員の方を、かなり焦らせてしまったようです。

が、しかし! 参加者の皆さんは大変熱心で、とても的確な質問やご意見を多く頂きました。講演では省いた箇所も、質問に答える形で多くをカバーすることができましたし、また参加者の捉える尾崎像も鋭いものが多く、私自身も大変勉強になりました。で、50分、あっという間に過ぎ、最後の質問者への回答でちょうど時間となりました。やはり、講演会の主役は参加者なんだと、改めて感じさせられました。

熱心に聞いて下さった参加者の皆様、そして、この貴重な機会を与えて頂いた相模原市立博物館の皆様に心から感謝申し上げます。

↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

→ 「石田尊昭オフィシャルウェブサイト」

→ 動画「尾崎行雄と相馬雪香 信念と歩み」
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。