スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット選挙解禁―改正公選法がついに成立

昨日4月19日、ネット選挙を解禁する改正公職選挙法が参議院本会議で可決され、成立しました。

以前このブログでも取り上げたネット選挙解禁運動「One Voice Campaign」などがイニシアティブをとって、これまでさまざまなイベントや情報発信、啓発活動が続けられてきました。その成果がやっと出た、という感じです。

尾崎財団も私も、この「One Voice Campaign」の応援団になっていて、さらにこの運動の呼びかけ人に名を連ねる谷本晴樹・当財団主任研究員は、この分野の専門家として各種メディアで活躍しています。インタビューや講演や執筆を通じた彼の啓発活動が、今回の成立に向けて大きな役割を果たしたと思います。

ネット選挙の概要についてはこちらどうぞを→「ネット選挙解禁でできること」(YAHOOニュース)

ネット選挙については、いろいろな意見があり、批判的な声も少なくありません。
「これで政治・選挙は本当に良くなるの!? かえって悪くなるんじゃないの!?」という質問をよく受けます。私は「私たち有権者が良くしようと思えば良くなるし、この法律を悪意をもって利用すれば悪くなる」と答えています。私たち有権者は、この制度の評論家ではなく実践者です。私たち自身のために、政治・選挙・政策をより良いものにしていくためにこの法律を上手く活用する・実践する、ただそれだけのことです。

とはいえ、選挙中もしくは選挙後、想定していなかったような問題が少なからず出てくると思います。最初から完璧な法制度などないわけで、問題が出れば、きちんと検証・改善を繰り返し、より活用しやすい、効果のあるものに変えていけばいいでしょう。

「ネット選挙解禁」・・・確実に言えることは、私たち有権者が、政治・選挙・政策に参加する(声を上げる/情報発信する/判断材料を手に入れる)手段が一つ増えたということ。そのメリットは、実際に生じる(かもしれない)デメリットを大きく上回るものだと思います。

「民主制度を生かすも殺すも有権者次第」・・・日本国憲法制定時に尾崎行雄が残した言葉です。
ネット選挙も然り、ですね。

↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。