スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

封建政治と立憲政治(尾崎行雄)

かつて「憲政の神」と呼ばれた尾崎行雄。

憲政とは立憲政治のことで、憲法に基づく政治、すなわち「法の支配」を意味します。
尾崎が目指したのは、「人の支配/力の支配」を廃し、「法の支配/道理の支配」を実現することでした。

そして、法をつくる立法府=議会、その議会を構成する政治家、それを選挙する有権者の重要性を説き続けました。

以下、『尾崎行雄 民主政治読本』からの抜粋です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「封建政治と立憲政治」

どこの国でも、立憲政治が始まる前は封建政治であった。その封建政治では、立法も司法も、ともに行政府の一部分に過ぎず、政府が勝手に法律をつくり、勝手に裁判した結果、人民の命は「斬り捨て御免」で、犬猫同様に扱われた。人民の財産も、人間がニワトリの卵を勝手に取り上げるように、人民から取り上げてしまった。封建政治は政府万能の政治である。

しかし人智が進んで、人はそれぞれ、その命と財産の持ち主であるということを自覚するようになると、そんな政府万能の政治では承知できない。自分の生命・財産には、自分の選んだ代表が決めた法律による以外は、指一本も触れさせるものかとなって、立憲政治が生まれたのである。

以上の説明で明らかなように、封建政治が政府万能であるのに対し、立憲政治では、政府といえども立法府で決めた法律の枠をはずして、勝手にふるまうことは絶対に許されない。司法府もまた、立法府で決めた法律によって裁判し処刑するだけだから、立法府が国の政治の中心となるのは理の当然である。しかし、これまでのわが国の立法府は、この大切な役目を忘れて、事あるごとに行政府の風下に立ち、あたかも行政府の補助機関のような役割を演じた。そのため憲法は名ばかりで実がなく、ついに少数の軍閥や官僚に引きずられて、国家と国民を、今日のような破滅の谷底に追い込んでしまった。

『尾崎行雄 民主政治読本』(2013年・平成25年復刊)より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※『尾崎行雄 民主政治読本』は、現在アマゾンで在庫切れの状態が続いています。
ご希望の方は、出版元である「世論時報社」へ直接ご連絡頂くと短日で届きます。


↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。