NPO法人「一冊の会」ネパール緊急支援

尾崎行雄三女の相馬雪香さん(2008年逝去)は、文字通り「生涯現役」で、亡くなる直前まで様々な社会活動を続けていました。

NPO法人「一冊の会」も、その一つです。
立ち上げたのは、大槻明子・現会長で、小山志賀子・現理事長とともに内外を飛び回り、今年で50年を迎えます。

相馬さんは同会の最高顧問を務め、メンバーの精神的支柱となり、自らも現場にしばしば足を運び、講演や交流をしていました。

私は、相馬さんが亡くなった3年後、東日本大震災のあった年に、相馬さんの生き方や「心」に着目した本を出版しました。その「はじめに 東日本大震災によせて」に次のように書きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

……相馬さんが発足した団体や、深く関わってきた団体、いわば「相馬さんの仲間・同志たち」は、震災直後から被災地に入り、積極的な支援を行なっていました。私が訪れたのは、遅まきながら七月一日。被災地の様子はニュースなどを見て、ある程度分かっているつもりでしたが、現実離れした実際の風景――延々とどこまでも続く瓦礫の山。半分水没したまま誰もいなくなった広大な町並み。町の真ん中に埋まっている車と漁船の数々――を間近に見ると、底知れぬ恐怖と絶望を感じました。

現地では、首長のリーダーシップや、地元の人たちの力強さを感じる出会いもありましたが、それでも帰りの車中、何度も心が折れそうになりました。〈この場所を、果たして何年かけて、どういうふうに復旧・復興させていくのか。本当にそんなことができるのだろうか…〉

しかし、私が随行したボランティア団体は、翌日にはすでに次の行動を始めていました。被災地での支援はもちろん、さまざまなルートを通じて物資や義援金集めに東奔西走していたのです。そこには、一点の曇りも迷いもありませんでした。そうした仲間の気概、「心」に触れ、私の中で奮い立つものがありました。相馬さんがいつも言っていたこと――「遠くばかりを見つめて、溜息をついてるだけじゃダメ。足元をしっかり見て、まずは自分にできることから始めなさい」。……

  『心の力』(世論時報社)「はじめに 東日本大震災によせて」より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここに書いた「随行したボランティア団体」というのが、「一冊の会」です。
「一冊の本、一本の鉛筆から、未来への人づくりが始まる。」――図書・文房具・物資の寄贈を通じて、途上国・被災地の支援(特に子供たちの教育支援)を50年にわたり行っている「一冊の会」。

いま、一冊の会では、ネパール大地震緊急支援を実施しています。
被災した子ども達へ文房具を送るため、皆様からのご寄付を募っています。
ぜひご支援をお願い致します。

 → NPO法人「一冊の会」ネパール大地震緊急支援活動

※ご寄付の手続き等については、お手数ですが、以下の公式サイト内「お問い合わせ」から、本文に「ネパール支援希望」と書いてお送り下さい。事務局より口座等のご案内が届きます。

 → NPO法人「一冊の会」(お問い合わせ)


↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード