スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「咢堂塾」卒塾式―新たな出発

去る2月13日、第17期「咢堂塾」卒塾式を憲政記念館で開催しました。
今期は20名が卒塾。これで、延べ540名が卒塾したことになります。

1998年、尾崎行雄三女の相馬雪香さんと共に立ち上げた咢堂塾。
相馬さんは当初、「なんとか10年は続けたいね」と言っていました。

10年後の2008年、相馬さんは96歳で逝去しました。

「塾生の数も減ってきているし、相馬さん亡き後、とても持たないだろう。ちょうど10年ということで、咢堂塾も一区切りつけてはどうか」という声が尾崎財団内部でありました。

確かに、第1期生は50名以上いました。その後、減少傾向が続き、相馬さんが亡くなる頃は、第1期の約半数(20~30名)でした。

「相馬さんが求めていたのは『数』ではありません。もちろん、咢堂塾が足を引っ張って尾崎財団が傾くようなことがあってはいけませんが、ギリギリなんとかできるのであれば、やれる限り、やってみましょう」――青臭い発言ですが、今でもこの気持ちは変わりません。

相馬さんも私も、この塾で咢堂精神を継ぐ人を一人でも二人でも増やしたいという思いで出発しました。
ここ数年、塾生の数は大体20名前後です。そして、卒塾式の日、改めて「やっぱり『数』じゃない」と実感させられるのです。

卒塾式では、毎年必ず塾生一人一人から「今後の決意」を述べてもらっています。
さらに昨年から、卒塾式に開催している「塾生演説会」。今年も、一人一人がそれぞれの場で咢堂塾での学びを生かし「世のため、人のために、できることから始める」決意をしてくれました。

この咢堂塾を支えているのは、今も昔も、塾生の「数」ではなく、一人一人の「志と実践」です。
咢堂精神をそれぞれの場で実践してもらうこと。リーダーとしての信念と行動力を身につけてもらうこと。それは政治の場だけでなく、職場でも学校でも地域社会でも必要とされるものです。

さらに近年では、卒塾生の中から、講師が誕生したり、塾の運営を担ってくれる人も出てきました。咢堂塾を文字通り「支えている人たち」であり、尾崎財団の新たな礎を作っている人たちです。

昨年5月の入塾式から約10か月を経て迎えた卒塾式。

「今日は、皆さんの『出発式』です。咢堂塾は、皆さん一人一人が主役。あなた自身から、そしてあなたにできることから始めてください!」――卒塾生一人一人に毎年語りかけていた相馬さんの力強い言葉が、この日、私の中に甦っていました。

現在、第18期生を募集しています。
これまでの仲間、そして新しい仲間と共に5月の開講を迎えたいと思います。

  → 「咢堂塾」第18期生募集


↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。