全国から情熱と志が結集―2010年度「咢堂塾」合宿

今年で13年目を迎えた「咢堂塾」

毎年恒例となっている合宿を、今年も軽井沢・友愛山荘で行なった。

9月18日・19日、一泊二日の合宿には、今年も現役・卒塾生あわせて30人が、関東圏はもとより、沖縄、大分、愛媛、静岡など全国から集まった。

咢堂塾合宿の特徴の一つは、遊びがまったくないことだ。昨年もそうだが、今年も「地方自治、地域活性化、まちづくり」をテーマに延々と五時間近く、いや、その後の飲み会の「非行式会合」を含めると、十時間以上、熱い熱い議論が繰り広げられた。

1日目は、地元・軽井沢で活躍する「NPO軽井沢・森の街つくり隊」の、渡辺泰史さん(同NPO理事)による講演。街づくり・地域活性化を担うNPOの取り組みや課題について、まさに現場の最前線で活躍している渡辺さんならではの講演は、とても説得力があった。
塾生には、まちづくりに関わっている人や地方議員もいて、渡辺さんのお話を大変興味深く聞いていた。そして何より、渡辺さんのお人柄・情熱がよく伝わる講演だった。

その後は、恒例となっている地方議員(卒塾生)によるシンポジウム「地方自治の課題と展望」。
パネリストは、天目石要一郎さん(武蔵村山市議会議員)、斎藤正三さん(日光市議会議員)、松尾徹郎さん(糸魚川市議会議員)、両角みのるさん(八王子市議会議員)、山本はるひさん(那須塩原市議会議員)。
人口減少・高齢化という共通課題を抱える中での、地方財政問題や地域活性化への取り組み。市町村合併に伴う特例債の問題、議会と首長の力関係、住民投票、また公共事業の談合問題など、議論は多岐にわたった。

そして2日目は、佐久市長の柳田清二さんによる講演「地方自治の未来―佐久市の取り組み」。佐久市の歴史や特徴を織り混ぜながら、市が抱えている課題や具体的取り組みについて。また柳田さんならではの、住民投票や情報公開、NPOへの思い、自治・民主主義の信念に、塾生は大いに感銘を受けたようだ。
また、佐久市には尾崎の書がのこされていて、柳田さんがわざわざ持参してくださり、ご披露頂いた。咢堂91歳の時のもので、力強く「公民」の二文字が。実に感慨深かった。
余談だが、柳田さんは、国会議員秘書時代、憲政記念館にもよく来られていたそうだ。そしてなんと、故・相馬雪香さん(尾崎行雄三女、塾創設者)が駐車場で車と接触し救急車で運ばれる現場に居合わせたそうだ。このことを知る人は少ない。つくづく柳田さんとのご縁を感じた次第。

今年の塾合宿。
全国から志と情熱が結集し、日本の明日を熱く語り合った2日間だった。

もちろん、酔っぱらって徹夜で語り合った「人生論」も、きっと何かの役に立つだろう。
相馬さんも生前、この合宿ではお酒を飲み、ホロ酔いで塾生と語り合っていた。

↓クリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード