スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘・息子と一週間離れてパパ涙…でも

9月18日から23日までの間、妻・娘(3才)・息子(1才)、み~んな妻の実家に行ってしまい、僕は「独身時代」に舞い戻った。6日間も離れ離れになるなんて、子供ができて以来、いや、結婚して以来初めてのこと。

「実家に」と言っても、妻とケンカをしたわけではありません。念のため。

18日・19日は「咢堂塾」軽井沢合宿、20日の祝日から23日の祝日まで、本の執筆や咢堂塾リーダープログラムなどで残業が予想されたので、その間、妻と子供は実家でジージとバーバのお世話になろうと。

さてさて、軽井沢合宿から帰った日、いつもなら子供たちがキャッキャ言って飛び付いてくるのだけれど、その日はシ~ンと静まりかえった我が家・・・。

さ、寂しい・・・。

何年かぶりの独身生活。当初は、静かな環境でDVDでもゆっくり鑑賞しようとか、普段飲まないお酒でも飲もうかなとか、いろいろ思っていたのだけれど、全然そんな気分になれない。

さ、寂しい・・・。

あ~。チビたちのこと、あんなに毎日うるさく思っていたのに、いざいなくなると、う~ん寂しい。恋しい。

夕食時、独りコンビニ弁当食べながら、キッチンの戸棚に貼ってある娘の誕生日写真(ケーキの前でパパとツーショット)を、しばし眺めてみる。

う~、我慢できなくなって妻にメール。でも、そんな時に限って返信が遅く、やっと来たと思ったら、案外短いメール。おそらく、「寝かしつけ」に手こずってるんだろう。

翌日のお昼過ぎ、どうしても娘の声が聞きたくなり、ついに実家に電話。

すると、受話器の向こうから娘の元気な声が!

「パパ~。パパ~。寂しかった~?お仕事、がんばってね~」

お~感動!
いつの間に、そんな気の利いたことが言えるようになったのか!
たとえ娘の横で、まったく同じセリフをバーバが言ってても、そんなの関係ない。

その後の仕事は、俄然やる気が高まり、はかどったのでした!

そんなこんなで、久しぶりに娘たちと再会。その日も仕事が遅かったので、ベッドで熟睡している娘の寝顔をのぞきこむ。あ~~なんだかバカと思われるでしょうが、じんわり涙が・・・。

翌朝、「パパ~。起きよ~よ~」娘のいつもの声で起こされる。いつもは、あ~まだ眠いのに面倒臭いな~と思うのだけれど、その日はパッキーン。超ハイテンションで「おっ・はっ・よ~ん!」とか言っちゃう始末。

以後、今日まで、なんと一度も娘を怒鳴っていない!
娘のヤンチャぶりは相変わらずだが、多少のことは気にならず、叱る時も以前とは違い冷静さが保たれてるような気が…。なんとなくパパ自身、穏やかな気分が続いていて、心にゆとりが生まれている。

子育てのプロ、親のプロなんて多分いない。
うまくやっているように見えても、実際は試行錯誤の連続に違いない。
誰でも育児に疲れることはあるし、悩んで追いつめられる時もある。
そんな時は思い切って、子供たちと少し距離を置く時間をつくるのもいいかも。
ママは、子供たちと一時も離れずにいる分、パパの数十倍のストレスがたまってるはず。

少し寂しかったけど、ママにも、たまにはそんな時間をつくってあげたいと思う今日この頃なのでした。

↓クリックをお願いします
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。