スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ2才になる娘の言葉

娘も2才を目前に、随分といろんな言葉を覚え始めた。覚えたといっても、発音がかなりあやしく、親でなければ理解不能なものも多い。

「パクパク」→お菓子が食べたい
「チュッチュッ」→喉が渇いた、またはキス
「アンパンチ」→アンパンマン
「アネシャン」→NHK「おかあさんといっしょ」の三谷たくみお姉さん
「インニ」→鬼
「イービーシー」→ABC
「グニュ」→牛乳
・・・などなど。

生まれたばかりの頃は当然「ウギャーウギャー」と泣くばかり。そのうち「ウー」という言葉が出て感動。次に「アーウー」となってまた感動。「パ、プ」とか「ブッグー」とか「ウンマ」と言った時には、この子は天才かもしれないと思ったほどだ(←親バカです)。

そして2才を前に、(発音はあやしいものの)単語とその意味が一致し、そこそこコミュニケーションがとれるようになってきた。

親は欲張りだ。自然に任せればよいものを、ついつい、いろいろと言葉を覚えさせたくなる。

ある日、帰宅した僕に娘が、とてもキレイな発音で「カブト」と言った。「ん?」何のことかわからない。カブト虫のカブトか? すると妻が嬉しそうに「そうそう、カブトね、カブト!」

僕「なんでカブト? カブト虫?」
妻「違うよ。仮面ライダー・カブト!!」
僕「な、なんで?」

妻いわく、仮面ライダー・カブトの主役が「水嶋ヒロ」という俳優で、妻はそのファンだそうだ。呆れ顔の僕に、娘が正確な発音で「ヒロくん、カッコいい」「ヒロくん、カブトになっちゃった」。

妻よ、頼むから娘の小さなハードディスクに無駄な情報を詰め込まないでくれ。
娘よ、その言葉は、きっと将来・・・役立たない。

↓クリックをお願いします
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。