それでも、やっぱり、娘が愛おしいのです。

今年の3月8日を最後に、「子育てブログ」がぷっつり途切れてしまいました。

3月11日に起きた東日本大震災。その後の原発事故・放射能問題。改めて「家族」や「地域」というものを考え直しました。その間、4才の娘は4月から幼稚園に。そして僕は6月頃から仕事環境に少し変化が…。あと、今年初めに計画した本の執筆にも追われ…。

震災と向き合いながら、僕や家族を取り巻く環境も変化する中、なかなか「子育て」について書く「ゆとり」が正直ありませんでした。では今、ゆとりがあるかと言うと、いろんな意味で切羽詰まっていて、これまた全く余裕はないのですが、ただ、執筆が一段落したことと、娘の夏休みがもうすぐ終わりなので、このへんで少し振り返ってみようかと。

前置きが長くなりましたが、さてさて4才の娘。

4月の入園式で、早速やってくれました!
新園児たちが一堂ホールに集められ、さあこれから式の始まりという時、なんと娘だけが、たった1人わが娘だけが、ホールから「脱走」!
捕まえて必死に連れ戻そうとする僕。抱えられた娘の「雄叫びと悲鳴」は止まず。このままでは式の妨げになると思い、パパ断念。結局ホールの外で、誰もいない運動場を眺めながら2人で尻取りをしていました。

そしていよいよ幼稚園通いが始まり…。
お友達にどうしても手が出てしまう娘。口調も荒っぽい。
先生からいろいろ報告を受ける度に、落ち込んで、悩み続けるママ。
毎日、帰宅した僕が妻へ掛ける第一声…「今日は、どうだった?何もなかった?」とビビりながら聞く僕。
お友達になかなか「か~し~て~(貸して!)」と「ど~お~ぞ~(どうぞ!)」が言えなくて、おもちゃの取り合い、そしてぺシン!

周りのお子さんたちは、まるでホームドラマに出てくるような、大人しくて可愛い子ばかり。
一方、娘は、テレビはテレビでも、大家族のドキュメンタリーとかでたまに見るヤンチャ坊主の如く。

が、しかし、それでも少しずつ、本当に少しずつですが、成長しているのです。(親バカとお思いでしょうが…)

機嫌の良し悪しに左右されるものの、

「ごめんなさい」が言えて仲直りができたり。
「どうぞ」と言って順番を譲れたり。
「がまんする!」と宣言して抱っこをせがまず最後まで歩き通したり。
「一緒にあそぼ」と言って2才の弟の面倒を見たり。
「パパ大好き!」と言ってチュウをして、僕にアイスクリームを買わせたり。

そんなちょっとした仕草や言葉遣いの変化が、今のパパには嬉しくてたまらないのです。

ウサギさんもいれば、カメさんもいるわけで、まあウチはウチ。のんびり温かく見守ることにしました。ある意味「悟りの境地」! とか言いながら、時々「キーッ!」となるパパなのでした…。あ、これが遺伝してんのかな?


↓いろいろな人のブログがご覧いただけます
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード