田村重信先生の「咢堂塾」初講義

本日、「咢堂塾21」本年度第15回講義を開催しました。

今回お招きしたのは、自民党政務調査会調査役で、慶應義塾大学でも教鞭をとられている、田村重信先生。「日本論語研究会」の代表も務めていらっしゃいます。

田村先生との出会いは、今から2年半前、尾崎財団発行の『世界と議会』にご執筆をお願いしたのがきっかけです。その論文を読んだ高橋大輔さん(日本論語研究会の中心メンバー)が昨年度の「咢堂塾」に入塾され、そのご縁で、昨年私は日本論語研究会で講演をさせて頂きました。そのときの打ち上げで、田村先生のお人柄に直接触れ、これは是非「咢堂塾」で、という思いが募り、高橋さんのご協力を得て、このたびの講演が実現しました。まさに縁が縁を呼ぶという感じです。

今回のテーマは「日本の政治・安全保障―この国の形を考える」という、とても「骨太な」ものでした。内容の詳細は、動画が近々公開されると思いますので、そちらでじっくりと視聴して頂ければと思います。

講演中、私がずっと感じていたのは、田村先生の「信念」です。
信念があるから、言葉に重みと説得力が生まれます。

信念というものは、テキストからいいとこ取りして、美辞麗句をならべ立てても意味がありません。底の浅さがすぐ出てしまいます。

田村先生の信念は、歴史や先人の教えに謙虚に学びつつ、自らの生き方と厚い人間関係の中で練り上げられたものだと感じました。だからこそ、その信念が行動に結びついているのだと思います。

国家観、あるいは政治観、憲法観など、人によって考えは違うでしょう。
しかし、歴史に学びながらそれを本気で考え抜き、「心」を持って行動する人の気概、覚悟に触れることは、とても大切だと思います。

尾崎行雄の信念も、相馬雪香のそれも、現実の政治・社会・人間、そして歴史と真剣に向き合う中で、葛藤を繰り返しながら深め、強められていったものです。それは「不屈の精神」を生み、絶え間ない挑戦、行動へと繋がっていきました。


↓いろいろなブログがご覧頂けます
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

→ 「石田尊昭オフィシャルウェブサイト」
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード