スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作能「ポトマック桜―尾崎行雄とリンカンの夢」

去る4月6日(金)、東京・中野にある梅若能楽学院会館で、静大名誉教授・上田邦義さん原作の能「ポトマック桜―尾崎行雄とエイブラハム・リンカンの夢」が上演されました。

実は昨年、上田さんから声を掛けられ、私自身もこの能の制作・上演に向け、少しだけですがお手伝いをさせて頂きました。今回そのご縁から招待されたのですが、私はこれが「能・初体験」。会場に入るところからかなり緊張してしまいました。

しかし、いざ始まると、上演前に上田さんによる解説(海外の大使館関係者なども多く出席していたため得意の英語を織り交ぜながら)が行なわれ、また、受付で頂いたプログラムには詳細なストーリーと台詞も書いてあったため、緊張もやわらぎ、リラックスして観ることができました。

登場人物は、前場が尾崎行雄相馬雪香、アメリカ人男性。後場が、桜の精、尾崎行雄、そしてエイブラハム・リンカンの霊。

もちろん私は能に関して知識ゼロですから、「批評」するなどおこがましいのですが、あくまでド素人の感想として一言。「胸を打たれ」ました!上演中もそうですが、終了後もしばらく、その世界観に浸っていました。専門的な言葉は全く知らないので、細かいことは言えないのですが、「あの時の、あの人の台詞回し、舞が素晴らしかった」といった部分的なものではなく、舞、謡、囃子、台詞、そして観客も含め、全てを一体化した「全体としての時間・空間」に酔いしれ、感動しました。

当初、この2012年(尾崎がワシントンに桜を寄贈し100周年)という節目に、ぜひアメリカで上演をしたいと上田さんはおっしゃっていたのですが、実際に行なうとなると、費用面の問題もあり、まずは日本で行ない、日本の皆さんの評価を得て、それからアメリカ上陸を目指しましょうということになりました。

今回の能を観て、これはぜひアメリカ、ワシントンで上演してほしいと強く思いました。
当日の招待客の中には、アメリカ大使館関係の方もいらっしゃたようですから、ぜひお力添え頂ければと思っています。
もしかすると、ここ数年のうちに、アメリカ上演が実現するかも。。。そんな淡い期待を抱きつつ。。。

※「新作能・ポトマック桜」朝日新聞デジタル版の上演案内記事はこちら

↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

→ 「石田尊昭オフィシャルウェブサイト」
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。