スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「政治とカネ」―問われる選挙民のあり方

「政治とカネ」をめぐる問題は、根が深く、複雑に絡み合っている。

どの国も、またいつの時代も、この種の問題は無くなることはないのかもしれない。

日本では、1948年、政治資金規正法が作られた。その後、今日に至るまで、何か問題が生じるたびに、対症療法的に改正が行なわれてきた。

1975年…寄附制限導入、政治団体の収支公開強化など
1992年…政治団体の資産公開、政治資金の運用制限など
1994年…企業・団体献金を政党および政党支部、政治資金団体、新設の資金管理団体に限定など
1999年…資金管理団体に対する企業・団体献金の禁止など
2005年…政治団体間の寄附上限の設定など
2007年…資金管理団体の収支報告義務強化など

「政治とカネ」=「政治家が自らの権力を利用し、口利きをして私腹を肥やす」=「政治腐敗・金権腐敗」といったイメージか。事実、政治の絡む贈収賄事件や疑獄事件は枚挙に暇がない。

94年の改正では、政治家と企業との癒着(企業からの賄賂)を絶ち切るべく、「政治家個人」への企業・団体献金が禁止された。しかし、「政党および政党支部」への献金が可とされたため、議員は軒並み政党支部を作り、企業献金の受け皿とした。「ザル法」といわれる所以である。

政治家が賄賂で私腹を肥やすなど〝もってのほか〟だ。金額の多寡や、事情に関係なく、弁解の余地はない。

しかし一方、「賄賂で私服を肥やす」意図は全くなく、それでも企業・団体献金に頼らざるを得ないとすれば、それは根本的に違う視点からの「改革」が求められるのかもしれない。

国会議員の政治活動には年平均約5000万円かかるといわれ、その約半分が地元(選挙区)での人件費・事務所維持費だといわれている。国から支給される歳費(給与)等は約3500万円。残り1500万円は、議員個人が自力で集める必要があるが、それを個人献金で賄うには今のところ限界がある。

「地元事務所の対応」とは、いうまでもなく、きめ細かい陳情受付や後援会サービス、挨拶周りといった、(良くいえば)地域に根ざした日常業務だ。これをいかに丁寧に行なうかが、選挙の勝敗を左右するといっても過言ではない。そのため、議員が地元対応(のための人や事務所)に資金を投入するのは、ごく自然なことといえる。

しかし、それで果たしていいのだろうか。

この地元対応の問題は、「中央集権から地方分権へという流れの中で、国会議員と地方議会議員との役割分担をどのように捉え直すべきか」という課題に置き換えることもできる。そこでは、「有権者が、国・地方の政治家に、それぞれどういった役割を求めるのか」がポイントだ。

「政治とカネ」の問題については、政治腐敗防止の観点からだけではなく、選挙民が国会議員にどのような役割を求めるのか、さらには、選挙民が国会議員をどのように支え、育てるのか、といった観点からの制度・意識改革も必要だと思う。

つまるところ問われるのは、「選挙民のあり方」ということか・・・。

↓クリックをお願いします
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。