スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対話集会「白熱教室」

去る2月10日、「友愛平和の風」の対話型発足集会が開催され、発起人代表の一人である小林正弥・千葉大教授のお誘いで私も出席してきました。「友愛」といっても、鳩山元首相は関係ありません(笑)

この「友愛平和の風」は、友愛(愛・慈悲・仁など)と正義を中心的理念とし、(国境を越えた)地球的な平和・環境・福祉問題に対し地球規模で結集を図ろうとするものです。特徴は、かつての「平和運動」のように特定の思想集団が集まって何かするというものではなく、左右・保革の枠を超えて対話をしていくこと――「差異を消す」のではなく、「差異を尊重」しつつ協同していくことを基本コンセプトにしている点です。実際、この発足集会には、超党派(左右保革)はもちろん、超宗派(様々な宗教)の方々も出席されていました。また、もう一つの特徴は、対話に加え「芸術」といった領域を取り入れていることです。当日は、落語家やアーティストの方もいらっしゃいました。

発足にあたっての挨拶、記念スピーチ、小講演などが行なわれた後、小林教授がファシリテータとなって、「憲法改正」をテーマにした対話集会(参加者同士が意見を出し合い、対話をし、議論を深めていく)が行なわれました。小林教授は、ご存知の方も多いと思いますが、NHK教育テレビ「ハーバード白熱教室」で解説を務め、マイケル・サンデル教授の政治哲学と対話集会を世に広めた人です。

さて、テーマがテーマなだけに、特に憲法9条に関しては意見が対立し「白熱」しました。しかし、それこそが、この対話集会の醍醐味といっていいでしょう。互いに意見を尊重しながら、それぞれの言い分を耳にする。そのことで、これまで自分が気付かないうちに「当たり前」と思っていたことが、少しだけ揺さぶられ、多角的に再検討する機会を得る。これが重要です。

私自身、そこに出席し、この対話集会の可能性、重要性を改めて強く感じました。その後、小林教授や関係者に相談しながら、尾崎財団でも、この対話集会=「白熱教室」が出来ないものかと検討を重ねたところ、来る4月に「第1弾」を行なうこととなりました。今回は会場の都合上、一般告知は難しいのですが、この取り組みについては今後も当ブログで紹介していきたいと思います。


↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。