スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都知事選スタート:尾崎行雄の東京市長時代

1月23日、東京都知事選が告示され、2月9日の投開票に向けた選挙戦がスタートしました。

「憲政の神」「議会の父」と呼ばれた尾崎行雄は、今から111年前の1903年、第2代東京市長(現在の都知事)に就任し、1912年までの9年間、都政を司りました。

「尾崎行雄の東京市長時代」というと、真っ先に思い浮かぶのが、米国ワシントンへの桜3000本寄贈のエピソードです。今なお、日米友好親善の証としてポトマック河畔を彩り、毎年、全米桜フェスティバルが開催されていることを思うと、当時の尾崎市長による「自治体外交」は、時代を超えて大きな成果をもたらしたといえるでしょう。

しかし、忘れてはならないのは、そうした「華やかな外交エピソード」の一方で、東京市長時代の尾崎は、実務的な手腕を発揮し、東京市のインフラ整備を着実に進めていったことです。市区改正、上水道拡張、下水道工事、道路改良、街路樹植栽、港湾整備、東京市街鉄道の買収、ガス会社の合併等々…。特に、多摩川水源林調査に着手(自ら現地を視察)し、市の水源林を買収確保したことは、その後の東京市の発展、市民の生活向上に大いに役立ちました。

インフラ整備=公共事業というと、なんとなく「汚職」という文字が浮かんできますが、尾崎は、そうした不正・腐敗の芽をつみとるべく、市政の隅々にまで厳しい目を向けました。その結果、尾崎の9年に及ぶ在任期間中、(それまで伏魔殿と呼ばれていた)東京市では汚職・疑獄事件は一度も起こらなかったそうです。

東京市長時代の尾崎行雄。
都が抱える行政課題を的確に把握し、解決に取り組む実務的手腕とリーダーシップ。国際性と先見性と革新性。そして清廉な政治。今まさに都知事に求められる資質ではないでしょうか。

↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。