スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主主義とは何か―「人民による政治」(尾崎行雄)

戦争の責任は軍部にある言い、それをゆるした政党にあると言い、その政党を構成する政治家にあると言いながら、その政治家を選んだ自分たちの責任は棚上げにする国民を、尾崎は徹底的に批判します。

「長いものには巻かれろ」「さわらぬ神に祟りなし」で、権力に無批判に従い、お上任せにした挙句、陰で文句だけは言う国民。そうした国民に愛憎の念を抱きつつ、なんとか立憲主義・民主主義を理解してもらおうと、戦後日本国憲法施行の年に書き上げたのが『民主政治読本』です。

その復刻版『尾崎行雄 民主政治読本』から、一部抜粋します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

民主主義とは何か―「人民による政治」

民主主義という言葉にはいろいろな解釈があって、一定の定義を下すことは難しいが、その根本思想が、自由と平等と生存権の要求にあることは確かだ。この自由と平等と生存権の要求を完全に保障し、実現することが民主政治の使命である。そして、そういう政治は誰が行なうか。新憲法を生かすか殺すかは、全くこの問いに対する国民一人一人の回答によって決まると言っても過言ではないだろう。

ここに立派な哲人政治家があって、常に人民の味方となり、人民のために極めていい政治を行なったとしよう。その政治は完全に民意を尊重し、民意を基礎として行なわれ、人民のあらゆる自由と平等と生存権とが最高度に保障されたとしよう。その善政は民主政治といえるだろうか? いや、いえないのだ。それがどれほど国民に幸福を与える政治でも、少数の支配者によって行なわれる政治は、民主政治ではない。民主政治は必ず人民自身によって行なわれる政治でなければならない。

もし国民が、正しい選挙を行ない、選出された代議士が真正な政党を結び、全国民を後ろ盾にした政党内閣制度を確立することに成功していれば、明治憲法の下でも「人民による」民主政治はできたはずである。しかし、選挙が腐敗し、当然の結果として政党が堕落した。しかも国民が自分の選挙の間違いを棚に上げ、政党の腐敗堕落を攻撃する一部軍人に共鳴し、少壮軍人が大臣等を暗殺した暴挙さえ、むしろ同情的な目で見るに至っては、完全に軍閥・官僚の付け入るすきを与えてしまった。

しかし今度は違う。新憲法は「内閣総理大臣は国会議員の中から、国会の決議でこれを指名する」(第六十七条)ことを明記し、その国会は「国権の最高機関であって、国の唯一の立法機関である」(第四十一条)と規定し、天皇の大権は著しく制限され、天皇はただ「国会の指名に基づいて内閣総理大臣を任命する」(第六条)に過ぎない。その上、新憲法はその前文に「主権在民」の大宣言を載せている。今や「人民による」政治を妨げるようなものは、アリ一匹も入り込めないように、新憲法で幾重にも保障されている。今日、もし日本の民主化の実現を妨げるものがあるとすれば、それはただ一つ、国民自身の無自覚・怠慢があるだけである。

『尾崎行雄 民主政治読本』(2013年・平成25年復刊)より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※『尾崎行雄 民主政治読本』は、現在アマゾンで在庫切れの状態が続いています。
ご希望の方は、出版元である「世論時報社」へ直接ご連絡頂くと短日で届きます。


↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。