宮城県山元町で東北復興記念植樹

去る7月5日、宮城県亘理郡山元町を訪れました。

山元町は、東日本大震災の津波で甚大な被害を受け、町内にある「牛橋公園」も全壊しました。
あれから3年。ようやく牛橋公園の復旧工事が完了し、野球場や多目的グラウンド・遊戯広場など園内すべての施設が震災前と同じように整備されました。その再オープン記念式が7月5日に開催されたのです。

震災直後から東北復興支援を続けているNPO法人一冊の会は、この記念式典に際し、(これまでも被災地各所に植樹してきた)「繁栄の桐」5本を山元町に贈呈しました。

一冊の会を代表し、最高顧問の佐藤啓太郎・アフリカ紛争・難民問題担当大使、また同会と共に支援活動を続けているレソト王国のラモエレツィ全権大使がそれぞれ挨拶をしました。ラモエレツィ大使からは「これからも山元町と共に歩み、復興支援を続けたい」という言葉と共に、レソト王国の工芸品が斎藤俊夫町長に手渡されました。佐藤大使からは、当日楽天イーグルス野球塾に集まっていた子供たちに「皆さん一人一人がこの山元町の未来、日本の未来をつくるのです。一緒に頑張りましょう」という力強い、温かい言葉が贈られました。

また、一冊の会から、桐以外に、額入り日本画、野球ボール2セット(プロ野球選手会より同会に頂いたもの)、国連Tシャツ50枚、小旗(レソト王国・日本)100本などが贈られました。

その後、桐の記念植樹を行い、地元の皆さんと記念撮影をするなど交流を深めました。

NPO法人一冊の会、また、同会が母体となって設立・運営されている「日本レソト王国友好協会」「日本タンザニア友好協会」「国連ウィメン日本協会さくら」、そして尾崎行雄記念財団は、いずれも故相馬雪香さん(尾崎行雄三女)が深く関わっていた団体です。この5団体は、今後も相馬雪香の精神を生かしながら、東北復興支援に努めて参ります。

◇NPO法人一冊の会についてはこちら(公式ホームページ)

◇7月5日の模様が、翌6日の河北新報に掲載されました。


↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード