スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咢志会10周年・咢堂塾15周年記念の集い

去る11月1日(土)、咢堂塾の卒塾生団体「咢志会」主催による「記念の集い」が憲政記念館で開催されました。

当日は、咢志会の会員に加え、現役生(第16期生)も数多く参加しました。咢堂塾は政治家養成が目的ではありませんが、これまでに多くの地方議会議員が出ており、この集いにも党派を超えて駆け付けてくれました。

咢堂塾は、これまでに延べ500名近くが卒塾。咢志会には200名弱が加入しています。この日、久しぶりに会った卒塾生は、起業したり、NPOや政策勉強会を立ち上げたり、議員に立候補したり・・・本当に様々な分野で活躍していました。

今から16年前、尾崎行雄三女の相馬雪香さんと共に咢堂塾を立ち上げた時、正直、今のような姿は想像していませんでした。なんとか2、3年は続けたい、そして一人でもいいから尾崎や相馬の精神を継ぐ人、政治や社会を動かすリーダーが育ってほしいという思いでした。それが今や、多くの卒塾生がそれぞれの場でリーダー的存在となり、また尾崎や相馬を大事に思い、尾崎財団や咢堂塾を支えてくれています。

尾崎行雄の没後60年、相馬雪香の7回忌にあたる今年、咢堂塾・咢志会の皆さんの素晴らしい活躍ぶりを見て、尾崎行雄も、そして相馬さんもきっと喜んでいることでしょう。

この集いには、当財団から阪上順夫評議員、萩原直三理事、戸田善明理事が出席し、お祝いと激励のスピーチをしました。特に戸田理事からは、尾崎行雄が家族と交わした会話、そこに見る尾崎の人柄や政治家としての心得など貴重なエピソードが紹介され、参加者も私も大変感銘を受けました。

私は、「咢堂の人生観―人生の本舞台は常に将来に在り」という演題で短い講演をさせて頂きました。
尾崎と言うと、「二つのフセン」(普選と不戦)、国際協調主義を説き、世界連邦を提唱した理想主義者としての側面がよく強調されます。しかし、尾崎の若い頃からの主張、政治家としての行動を見てみると、むしろ、国家及び皇室の存続と繁栄、国民の安寧と幸福という大目的のもと、常に現実的な判断と行動をしています。時には武力を肯定し、普通選挙を否定した尾崎。第一次大戦後、武力の維持・拡大を否定したのは、非暴力主義や人道主義からではありません。世界情勢を冷静に分析し、軍拡では上記の大目的を達成できないと判断したからです。

尾崎の中での目的と信念、理想と現実、矛盾と葛藤、そして挫折・・・。政治家・尾崎、人間・尾崎としての様々な側面をとらえることで初めて生きてくるのが、「人生の本舞台は常に将来に在り」という尾崎74歳の時の言葉なのです。

講演では、ついついヒートアップしてしまい、話があっち行ったりこっち行ったりで聴きづらかったと思いますが、参加者の皆さんは大変真剣に聴いてくれました。

咢堂塾、そして咢志会の皆さん。
次は「30周年」に向けて、一緒に頑張っていきましょう!

↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。