スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大島会長と語る会―被災地支援の集い

7月16日、尾崎財団主催による「大島理森・当財団会長(衆議院議長)と語る会―東北復興支援・ネパール支援チャリティーの集い」が憲政記念館で開催されました。(尾崎財団の会長は、時の衆議院議長が務めます)

当初は、館内のレストランで、財団関係者のみ50名ほどで行う予定でした。しかし、有り難いことに、多くの方からお申込み頂き、最終的には120名ほどになったため、急きょ、会場を大会議室へと移しました。

当日は、周知のとおり、安保法案に関するデモが国会周辺(特に憲政記念館の入り口付近)で行われ、また館内の講堂ではデモ集会が開かれるなど、会場は物々しい雰囲気に包まれていました。

会が始まる直前まで、参加者から「今日、本当に大島議長は来られるんですか?」という質問が何度もありました。私は「大丈夫ですよ。必ずお越しになります」と答えました。

約2カ月前、大島議長と直接お話しした際、この会の趣旨(=議会の発展を共に考え、同時に東北復興とネパール支援を行う)に大変強く賛同して下さり、会での講演も快諾されたので、何があっても来て頂けるという確信がありました。(とは言いつつも、SPや記念館の職員の皆さんが厳戒態勢を敷くのを見て「あれ、本当に大丈夫かな?」という思いもチラッと横切りましたが・・・)

そうした中、時間通りに大島議長は会場へ入られ、同時に、40名近い国会議員の皆さんも超党派で駆け付けて下さいました。

当日は、大変厳しい国会運営であったにもかかわらず、議長や超党派の議員がこうして集まって下さる。また、台風で荒れた天候の中、全国から会員や支援者・協力者が集まって下さる。そして何より、そこに集まった皆さんが、「お客様」ではなく、議会の発展と被災地支援に取り組む「仲間・同志」としての顔をして下さっていたことに、本当に感激しました。

台風に追いかけられながら、伊勢から駆け付けて下さったNPO法人「咢堂香風」の皆様。相模原からは「尾崎行雄を全国に発信する会」の皆様。被災地支援に取り組み、当日感動的な活動報告をして頂いたNPO法人「一冊の会」の皆様。世界の「声なき声」を伝える国際通信社インタープレスサービスジャパンの皆様。障害者福祉の問題に取り組むNPO法人「日本アビリティーズ協会」の皆様――挙げれば切りがありません。そして、当日会場には来れなくとも、物心両面で財団を支えて下さっている全国約1000名のメンバーの皆様。本当に心から感謝申し上げます。

われわれ尾崎財団は、これからも議会政治・民主主義の発展、そして被災地支援に、皆様と共に取り組んでまいります。
「一緒に」頑張っていきましょう!

※当日の参加費・ご寄附はすべて、NPOを通じて東北復興支援とネパール被災地支援、ならびに当財団公益事業活動に充てさせて頂きます。ご支援・ご協力、有り難うございました。


↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。