スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安保法とこれからの責任

19日未明、安全保障関連法が成立しました。
民主党、共産党など野党5党が猛反対・猛抗議する中での成立でした。
連日、国会前で抗議集会が行われ、反対する野党議員と参加者が声を合わせて「戦争したがる総理はいらない!」「戦争法案、絶対反対!」と叫んでいました。

反対する野党が強調するように、この法律によって、「戦争したがる総理」が「徴兵制を復活」させ「米国の意のまま、米国の利益のために、米国と共に世界中で戦争する」としたら、それは日本のみならず世界においても「極めて危険で愚かな法律」が誕生したことになります。

ただ、反対する野党の支持率は伸びず、(各社バラツキはあるものの)野党第1党の民主党に3~4倍以上の差をつけて自民党が独走しています。また、常に4~6割存在している無党派層(支持なし層)も、野党は全く取り込めていません。

本当に「極めて危険で愚かな法律」であれば、自民党支持者や無党派層の中から少なくとも数%は野党支持に回るのが自然ではないでしょうか。それが全く動いていないということは、多くの国民がこの法律の危険性に気付かない無知で鈍感な存在なのか、それとも、野党の指摘や対応が根本的に間違っているのか…。

「自民党も安倍政権も安保法も積極的に支持するわけではないが、野党が主張する『徴兵制』『戦争したがる総理』『戦争法案』も現実的とは思えない。むしろそうした扇動的なフレーズを使い、建設的な議論や対案を示さずパフォーマンスに走りがちだった野党には共感できない」と考える人も少なからずいるかもしれません。

いずれにせよ、同法は成立しました。
これまで以上に、私たち国民の責任が問われることとなります。
尾崎行雄は、立憲政治には「批判精神」が不可決だと言いました。「お上任せ」にせず、「誰が正しいかではなく、何が正しいかを考え抜く」こと。
「お上が決めたのだから、これで終わり」ではなく、この法律の実質的な運用の過程で、野党が指摘している状態を作り出さない(政府が誤った方向に進まない)ように政治を厳しく監視していく責任が私たちにはあると思います。そして、仮に野党の指摘通りの事態になりそうであれば、その時点で即、政権交代させればよいのです。


↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。