『民主政治読本』増刷のお知らせ

一昨年に出版した『民主政治読本』の増刷が決まりました。
お買い求め頂いた皆様に厚く感謝申し上げます。

現在、書店では品切れ状態となっております。
出版社によると、来年1月中には販売可能になるとのことです。

購入をご希望の皆様には、ご迷惑をお掛けしますが、どうぞ今しばらくお待ちくださいm(__)m

以下は、本書の中で私が書いた解説の一部です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『民主政治読本』
  ~「まえがき・解説」より~

敗戦後、戦争の責任は軍部にあるといい、それをゆるした政党にあるといい、その政党を構成した政治家にあるといいながら、その政治家を選んだ自分たちの責任は棚上げにする国民に対し、尾崎は厳しい目を向ける。そうした国民性を変えるため、すなわち立憲主義と民主主義に対する国民の理解と自覚を促すために書かれたのが、『民主政治読本』である。

日本国憲法が施行された年に、いわば「憲法と民主主義のテキスト」として書かれた同書の内容は、極めて挑発的である。最終章の「漢字亡国論」はもとより、随所に見られる日本の歴史・文化への批判、そして何より、国民・有権者に対する批判と苦言の数々は、多くの読者を不快にさせ、憤りさえ覚えさせるかもしれない。

重要なのは、「なぜ尾崎は、そのような考えに至ったのか、なぜそうした主張をせざるを得なかったのか」を考えることである。われわれは、尾崎の生きてきた時代、歴史的背景を考慮しつつ、彼の主張の「本質」を見極めなければならない。

もちろん批判は大いになされるべきである。私自身、尾崎の主張がすべて正しいとも、すべて現代にあてはまるとも思っていない。しかし、そうした批判的検討も含め、今でこそ再考すべき点が一つでもあるとすれば、それを大いに議論し、生かすべきだと思っている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード