相馬雪香さんの「心の力」

東日本大震災の発生から、ちょうど5年になります。

去る3月6日、仙台市を訪れ、村井嘉浩・宮城県知事のお話を聴く機会がありました。
村井知事は、この5年でインフラはほぼ復旧・整備され、これからは「心の復興」が重要になってくる、という旨のお話をされました。

2011年―。その年は、相馬雪香さんの没後3年にあたることから、私は、相馬さんの生き方・信念・行動を一人でも多くの人に伝えたいと思い、年明けから原稿を書き始めていました。

仕事の合間を縫っての作業だったので、なかなか筆が進まず、それでもなんとか半分ほど書き終えた時、あの「3月11日」を迎えました。

それまで書いた文章・言葉のすべてが虚しく思え、一旦書くことをやめました。全身の力が抜けていくような感じでした。

しかし、相馬さんを慕い、共に活動を続けていたNPO法人一冊の会は、震災発生の翌日には、食料や物資を車に詰め込み、会長自らハンドルを握り、直接被災地に届けていました。

相馬さんがいつも言っていたこと――「遠くばかりを見つめて、溜息をついてるだけじゃダメ。足元をしっかり見て、まずは自分にできることから始めなさい!」

「相馬さんの心の力を一人でも多くの人に伝えよう」――もう一度書き始めた原稿は、その年の11月、『心の力』という本になりました。そして翌年、相馬さんの古い友人の方が、それを仮設住宅に200冊配って下さいました。

この5年、一冊の会も、尾崎財団も、また他の関連団体も、相馬さんの精神―「心の力」を継ぐ人たちは様々な形で被災地支援・東北復興支援をしてきました。

「心の復興」が求められている今。
まさにこれからが私たち、相馬雪香の思い・心の力を継ぐ者たちの「正念場」、本領発揮の時である――そう決意を新たにしているところです。


↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード