桜とハナミズキ―先人たちの思い

今年も桜の季節がやってきました。
この時期、よくニュースで取り上げられるのが、ワシントンDCのポトマック河畔を彩る桜です。
ご存じの方も多いと思いますが、これは1912年、当時東京市長を務めていた尾崎行雄が、東京市から贈ったものです。

その歴史を簡単に振り返ってみましょう。

1909年、ヘレン・タフト米大統領夫人がポトマック河畔の景観整備を検討していたところ、米国の紀行作家エリザ・シドモア女史が、日本の桜の植樹を提案し、夫人も賛同しました。

そのことを、当時ニューヨークに在住していた高峰譲吉博士(アドレナリンの発見者。在留日本人会初代会長)が知り、日本から桜2千本を寄贈することを提案。さらにその費用は自分を含む在留日本人の有力者たちで分かち合うことまで提案しました。その後、水野幸吉・ニューヨーク総領事や高平小五郎駐米大使らによる調整の末、桜は日本の首都・東京市から公式に寄贈すべきということになりました。

外務省から打診を受けた尾崎行雄・東京市長は、以前から、日露戦争の際に好意的だったアメリカへの感謝の気持ちを何らかの形で表したいと考えていたため、これを好機と捉え快諾しました。

そして1909年8月、東京市会は、桜苗木2千本をワシントンDCへ寄贈することを決定し、翌年1月にワシントンDCに桜が到着しますが、検疫官によって害虫が発見され、すべて焼却処分されることになりました。

それを知った尾崎市長は、健全かつ優良な苗木を育成し、再び贈ることを決意。市参事会に諮り、同年4月に決定。そこから、国の威信をかけた苗木作りが始まります。その重責を担ったのが、農商務省農事試験場園芸部の主任技師・熊谷八十三(くまがい・やそぞう)氏でした。

そして1912年、害虫も病気も無い苗木3千本がワシントンDCに到着し、無事ポトマック河畔に植樹されました。その苗木は、当時の専門家が驚くほど完璧な出来栄えだったといいます。

その3年後の1915年、今度は米国から日本に、桜の返礼としてハナミズキが贈られました。著名な農学者W・T・スウィングル博士が米国を代表し、白花ハナミズキ40本を携え東京市を訪問。日本にハナミズキが入ってきたのは、この時が初めてです。返礼の花にハナミズキを推薦した植物学者D・フェアチャイルド博士は「米国の子供たちが日本から来た桜を愛でる時、日本の子供たちも米国から来たハナミズキを見て喜んでほしい」と願っていたそうです。そして、その白花ハナミズキ40本のうち2本を、先述の熊谷八十三氏が初代校長を務めた東京都立園芸高校が受け取りました。

さて、ポトマックに植樹された桜は、その後1938年、ポトマックに隣接するタイダル池にトーマス・ジェファーソン記念堂が建設される際、358本を切り倒すことが計画されました。しかし伐採の当日、ワシントンDCの婦人団体が、自分の体を木に縛り付け抵抗し、270本の桜の命を守り抜きました。

時は経って1960年、尾崎行雄を記念した「尾崎記念会館」(現・憲政記念館)建設の際、改めて米国政府からハナミズキの苗木250本が寄贈され、同館の庭に植樹されました。

その後、今日まで、日米両国のさまざまな関連団体が、この「桜とハナミズキ」を守り、語り継ぎ、両国の友好・親善に取り組んでいます。

毎年ワシントンで開催される「全米桜祭り」の取り組み。
そこで選出される「全米さくらの女王」と、独自に選出する「ハナミズキの女王」との交流や、伊勢の「横輪桜」を世界に広める「NPO法人・咢堂香風」の取り組み。
ポトマック桜の孫樹「里帰り咢堂桜」を国内で広め、植樹している「尾崎行雄を全国に発信する会」の取り組み。
返礼の白花ハナミズキ2本を受け取り、うち1本を、100年を経た今日まで見事に育成管理し続けている東京都立園芸高校の取り組み。

また近年では、2015年、返礼ハナミズキ100周年を記念し、駐日米国大使館から贈られたハナミズキ20本が、「NPO法人・咢堂香風」の土井孝子理事長の手によって、憲政記念館の庭に植樹されました。

日米友好の証として、今なお両国の友情を育み続ける「桜とハナミズキ」。

ヘレン・タフト大統領夫人、エリザ・シドモア女史、D・フェアチャイルド博士、高峰譲吉博士、尾崎行雄東京市長、熊谷八十三、ワシントンの婦人団体、その他多くの有名無名の先人たちの思いと努力があって、今があります。

これからが春本番。
そうした歴史と現在の取り組みに思いを馳せながら、憲政記念館の庭に咲く桜とハナミズキを、存分にお楽しみ下さい!


↓いろいろな人のブログがご覧頂けます
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード