「国会議員の資格 十ヶ条」―尾崎咢堂言行録(6)

国会議員は立法を司る以上、政策的知見や立案能力があるに越したことはないが、同時に、政治姿勢として廉潔性(清廉さ)や責任感、モラルなども求められる。

以下は、尾崎行雄の唱えた「国会議員の資格十ヶ条」である。
選ぶ側の有権者も、選ばれる側の国会議員も、ぜひ参考にしてほしい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「国会議員の資格」

国会議員に重要な資格中、最も重要なるものの十ヶ条

(一)国会議員は広く内外の形勢を明らかにし、当世の事務に通ずるを要す。(これは政府の法律によって設定することの出来ない資格で、それは財産年齢などより重要である)

(二)国会議員は道徳堅固なるを要す。(これ自体に誰もが同意するが、世の人は金科玉条を軽率に看過するので、却って実行されないものである。実行こそ重要なことだと注意すべきである)

(三)国会議員は公共心に富むを要す。(これを如何に養成することが出来るかは容易ではないが、しかし、公共心の有無、厚薄が常に国家の盛衰興亡の原因となっていることから、この公共心の価値を知るべきである)

(四)国会議員は権勢に屈せざるの勇気あるを要す。(我が国では多年にわたり官吏を威張らした為、とかく官吏は人民を侮り、人民は官吏を畏れる傾向がある)

(五)国会議員は名利心の薄きを要す。(権勢に屈しない勇気があって、名利心薄くなければ毀誉の為に屈し、利害の為に迷うの憂いがある)

(六)国会議員は自説を固守するの貞操あるを要す。(間違った主義を持つと、全く無主義よりは優るとは、西哲の金言である。無主義の変改ほど無益なものはない)

(七)国会議員は独立の見識あるを要す。(独立した見識なく、恰も楊柳の風に靡くが如く誘わるるまま西に行き、東に赴く者多ければ、一定不変の進路を取ることも出来ない)

(八)国会議員は思慮周密なるを要す。(政令が度々変化して、朝令暮改が多いのは弊害が大きい)

(九)国会議員は穏当着実なるを要す。(過激の言論、痛快の挙動は避ける必要がある。過激粗暴の人は深く時勢民情を洞察することが出来ない)

(十)国会議員は多少の弁舌あるを要す。(充分に其の思想を説明するの弁舌を有しながら、妄にこれを使用せざる人物を選ぶべし)


以上、『欧米漫遊記』(1889年・明治22年)より抜粋

↓クリックをお願いします
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード