スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「総理大臣に最も必要なものは徳義」―尾崎咢堂言行録(10)

以下の文は、尾崎が国会議員として約50年を経た時に書いたものだ。
尾崎はその間、多くの首相、大臣を見てきた。

そして自身も、1898年に文部大臣、1914年に司法大臣を務めた。

そうした経験から、首相や大臣に最も必要な資質として「徳」を挙げている。

リーダーには「徳」が必要である、とは、いつの世でも語られることで、そこに真新しさはない。「ありふれた指摘」といえるだろう。

しかし、見方を変えれば、それだけ「普遍的」ということなのかもしれない。

以下は、尾崎が自らの50年におよぶ国会議員としての経験の中で得た一つの結論である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「総理大臣に最も必要なものは徳義」

総理大臣の資格として、包容、統御、調和の三能力が、必要であることを述べたが、更に一層必要なものは徳望である。

智恵や分別は幾らあっても、高の知れたもので、ただ徳望のみが数万人を動かす力をもっている。然るに近来不思議なことには、一般に腕とか力というものばかりに重きを置いて、徳義に向かって、力の入れ方が足りない。

あの人は偉いとか偉くないとかいう、その標準は何かと尋ねると、腕があるとか無いとかいうことになる。腕だけでは多数を服従させることは出来ない。

特に人の上に立つ者は、人を使うのであるから、己れの腕よりか、他人に腕を使わせる考えを以ってその性格を養成して行かなければならぬ。それは主として徳である。

一国の政治家などについても無論その通りである。太政大臣は才と学と徳、この三つを備えなければ、その位につくことは許されぬものと、我国の昔の制度では決まっていた。

…こういう高い位地には、腕や智恵を以って小仕事をする人間を据えては宜しくない。仕事は次官以下の小役人にさせ、大臣たるものは、その上に立って、何も働かないで宜しいから、国家の危急存亡のときに、万民をして安心して、その業務に就かしめるようにすべきである。


以上、『日本はどうなるか』(1937年・昭和12年)より抜粋

↓クリックをお願いします
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。