相馬雪香さん一周忌の集い(2009.11.4開催)

去る11月4日、尾崎行雄記念財団主催「相馬雪香さん一周忌の集い」が、憲政記念館(旧尾崎記念会館)で開催された。

昨年11月8日に相馬雪香さんが亡くなり、早1年が過ぎた。本当に「あっという間」だ。

亡くなった年の12月25日、尾崎財団を含む十数団体が共催で「相馬雪香先生を追悼し感謝する会」を行なったが、それがつい昨日のことのように思えてならない。その会をきっかけに、それまで「近くて遠かった」関係者と一気に縁が深まり、今でも良いお付き合いが続いている。

「一周忌の集い」を企画したのは今年の3月頃だ。今回はあまり大規模にせず、ごくごく身近な関係者だけで行なえればいいと思っていた。というのも、昨年の「追悼し感謝する会」が非常に大規模に行なわれ、関係者の間では、それが一つの大きな節目となっていたからだ。

しかし結果は、平日のお昼にもかかわらず、当初予定の150名を大幅に上回り、250名を超える方々にご参集頂いた。

主催者(尾崎財団会長)として衆議院議長も出席。来賓として参議院議長、首相夫人にも駆け付けて頂いた。また、相馬さんが「日韓女性親善協会」を発足した同時期に、韓国で発足された「韓日女性親善協会」の会長ほか理事十名が、わざわざ韓国から来日された。さらに、緒方貞子・元国連難民高等弁務官には、相馬さんを偲びつつ難民支援についてのご講演を頂いた。

今回も例のごとく、僕は総合司会を務めたが、最も印象に残ったのは、当日の第2プログラム「相馬雪香さんを語る会」でコーディネータを務めたことだ。

そこでは、相馬さんが発足した「難民を助ける会」の現会長・柳瀬房子さん、同じく相馬さんが発足した「日韓女性親善協会」の副会長・岩動麗さん、「国際IC(旧MRA)日本協会」の専務理事・長野清志さん、「一冊の会」の会長・大槻明子さん、尾崎財団の理事長・森山眞弓さん、相馬さんの長女・原不二子さんにご出席頂き、それぞれの「相馬雪香像」や思い出について語ってもらった。

一人一人のお話を聞きながら、僕も(わずか十数年ほどの付き合いではあったが)相馬さんとの思い出の数々が走馬燈のようによみがえり、胸が熱くなった。

僕はこの式典の冒頭、「今日のこの会を、しめやかに行なうつもりはありません。むしろ、お集り頂いた皆さんと一緒に、活気のある、熱気ムンムンの会にしたいと思いますので、どうぞご協力下さい」と申し上げた。

「相馬さんを語る会」では、来場者の中に少し涙ぐむ人もいた。
そうした人たちも含め、すべての来場者にとって「語る会」は、単に悲しみを募らせるのではなく、相馬さんの言葉や行動、生き方や考え方を、いかに未来に生かすか、繋げるか、その決意を新たにする機会になったように思う。

相馬雪香さん、どうぞ安心して、温かく見守っていて下さい。今日も、あなたの遺志を継いだ多くの人たちが、日本で、世界で、積極的に動き回っていますよ!

↓クリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード