社会学者・宮台真司さんと「咢堂塾」

大学時代、友人たちと「朝まで生テレビ」という深夜番組をよく見ていた。

一癖も二癖もある初老のパネリストたちに対し、シャープな分析と論理的主張で見事に斬り込んでいく若き社会学者・宮台真司は、とても小気味よかった。

僕と同世代(30代)で、学生時代から論壇系メディアに関心のある人は、おそらくほとんどが宮台さんの言説・著作に(その主張への賛否はともかくとして)触れていることだろう。

サブカル系から、高度な政治・外交問題にいたるまで、扱う領域は幅広い。「広い」といっても、「広く浅く」ではなく、テーマごとに圧倒的な知識量を持ち、社会学のみならず他分野の分析ツールも巧みに駆使し、多角度から問題の本質に迫っていく。

そんな宮台さんと初めてお仕事をしたのは、7、8年前だろうか。前に当ブログで紹介した神保哲生さんと、宮台さんとのお二人による講演会を企画した時だ。当時すでに神保さんには「咢堂塾」でお世話になっていて、その神保さんに紹介される形で宮台さんに出演を依頼したのがきっかけだ。(ご存知のとおり、当時も今も、神保さんと宮台さんは「ビデオニュース・ドットコム」で共演している名コンビ!←開局10周年おめでとうございます!)

その後、2年に1回程度の割合で、神保さんと宮台さんによる講演会を尾崎財団で開催してきた。

そして、「咢堂塾」で宮台さんを初めて講師にお招きしたのは1年前。さらに今年からは、塾の「スーパーバイザ」に就任して頂き、講師選定などにも関わって頂いている。

その「咢堂塾」で今年、新たなプログラムを実施した。それは、宮台さんによる「リーダー養成プログラム」という集中講義だ。9月の毎週木曜日(4回)と11月最初の木曜日(1回)の計5回、夜6時から8時まで、尾崎財団の会議室で十数名が宮台さんを囲み、「濃密な」時間を過ごすというもの。基本的には宮台さんが話し、参加者が質問をするというスタンダードな形式だ。

今回の記事を書こうと思った最大の理由は、実は、この「リーダー養成プログラム」で見た(というか感じた)、宮台さんの「熱い思い」に感動したからだ。

「熱い思い」などと言われることを、ご本人は快く思わないかもしれないし、否定されるかもしれない。でも、あの冷静な語り口調の裏に「熱いもの」を感じた取ったのは、僕だけではないはずだ。

毎回2時間におよぶ講義が、あっという間に過ぎてしまう。多忙な宮台さんは、次の予定があるにもかかわらず、塾生からの質問に、すべて丁寧に、真面目に答えてくれた。そして、ご本人も時間を忘れ、延長することもしばしば。

もちろん講義内容も、最新版の思想地図に内外情勢を落とし込み、多様な視角と確固たる立ち位置を自覚しながら、極めて論理的に主義主張が展開されるという、とても刺激的なものだった。

最終講義の日、引き続き次年度でのご協力をお願いすると、とても快くお引き受け頂いた。

来年で13年目を迎える「咢堂塾」。
2010年度の塾生募集は、今年12月から開始する予定。
ご興味のある方は、お気軽に尾崎財団までお問い合わせ下さい。

尾崎行雄記念財団 公式サイト

ご参考までに
・「ビデオニュース・ドットコム」のサイト
・宮台真司さんの公式ブログサイト

↓クリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード