『IPSJニュース』掲載と講演要旨(一部紹介)のお知らせ

当ブログ記事『投票の心得 九ヶ条―尾崎咢堂言行録』が、本日(7月1日)付『IPSJニュース』に掲載されました。

IPSJ(=Inter Press Service Japan)では、150ヶ国を網羅するIPSメディアグループやドイツのIDN(=In-Depth News)、また日本独自の取材記事などを国内外に向けて発信しています。→ IPS Japan 公式サイト

IPSJ は、特定非営利活動法人(NPO法人)です。コマーシャリズムに左右されない報道、「声なき声」を発信することを基本方針としています。ご興味のある方は、ぜひ購読会員になってIPSJの情報をご利用いただくとともに、IPSJの活動を支えて下さい。

ところで、去る5月17日に開催された「日韓女性親善協会」主催の講演会で、僕が話した内容の一部が、6月18日付『東洋経済日報』で紹介されたので、以下に転載します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早いもので相馬雪香さんが亡くなって今年で3回忌を迎えます。

私と相馬さんは12年間にわたってお付き合いさせていただきました。私が相馬さんと初めて出会った時、相馬さんは84歳、私は24歳、その差は60年。しかし、大学院を出たばかりの若造に初めて会ったその日から何の先入観も持たずに私に正面からぶつかってきてくださいました。これが相馬雪香さんの姿です。

そんな相馬雪香さんの信念は何だったのでしょうか。それは一人ひとりが大切にされる世界。そして一人ひとりが当事者として参加していく社会や政治、それを実現することが日本が良くなる道だという考えです。そして、困った時にはお互い様ということです。それは日本に限ったことではなく、海外で困っている人がいれば、当然日本人にも温かい気持ちはあるのですから、助けたいと思い、できることから始めようじゃないか、というのが相馬さんの生き方、信念でした。

そして批判精神。権力に溺れない、あの人が言ったから正しいと思う。そういう思考は良くない。自分自身が良心のふるいにかけて、何が正しいか正しくないかを判断しなさいということを相馬さんは常に言い続けていました。

また、相馬さんは、常に世界の中の日本ということを言い続けてきました。1978年、当時の日韓関係は今ほど交流がなく、非常に難しい時代で、男性に言っても相手にされませんでした。ならば、女性だけでも、できることから始めようとスタートしたのが、まさに日韓女性親善協会でした。日本と韓国、身近な隣同士なのに、まだまだ市民レベルでは理解が足りない。だったら友好親善をできる人が、大切だと思った人から声を上げて、自分たちでやっていこうと始まったのです。これが、相馬さんが言う世界視野なのです。

(以上、2010年6月18日付『東洋経済日報』から一部抜粋させて頂きました。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓クリックをお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

石田尊昭

Author:石田尊昭
    尾崎行雄記念財団
    理事・事務局長
**********************

【著書一覧】

石田尊昭
石田尊昭著『18歳からの投票心得10カ条』
(2016年)



尾崎行雄著/石田尊昭・高橋大輔編『人生の本舞台 復刻版』
(2014年)


民主政治読本 復刻版
尾崎行雄著/石田尊昭解説・編『民主政治読本』
(2013年)



田村重信編・石田尊昭・高橋大輔・高橋富代・小西孝実『尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座講義録』
(2013年)


石田尊昭 心の力
石田尊昭著『心の力』
(2011年)


50の言葉
石田尊昭著『平和活動家・相馬雪香さんの50の言葉』
(2009年)


咢堂言行録
石田尊昭/谷本晴樹著
『咢堂言行録 尾崎行雄の理念と言葉』
(2010年)


石田著作
相馬雪香・富田信男他編
石田尊昭(年譜編纂)
『咢堂 尾崎行雄』
(2000年)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード